あま師の病院の仕事内容、就職方法、給料、求人の探し方、将来性

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

この記事では、あん摩マッサージ指圧師として病院に就職・転職したい方に向けて、あま師の病院(クリニック・診療所)での働き方や就職のコツ、求人の探し方等をご紹介します。

今、病院に就職(転職)したいあま師の参考になれば幸いです。

あん摩マッサージ指圧師が働ける病院の種類

まず、あん摩マッサージ指圧師としてニーズのある病院の種類としては、リハビリテーションを中心に行う「リハビリ科」のある病院と「整形外科」の2種類があります。

中には、整形外科の中に併設される形でリハビリ科がある場合もあります。

 

整形外科とリハビリ科は似ていますが、リハビリ科の目的はスポーツ障害に対し機能回復などに取り組むことに主眼を置いており、整形外科は、運動器の疾患を扱う診療科で運動器」の機能的改善を重要視して治療する外科と位置付けられています。

患者の特性としては、整形外科ではスポーツで痛めた、怪我をしたなど急性期の患者が多く、リハビリ科では慢性期に移行した患者が多いといった違いがあります。

 

2つの科は仕事の内容としては、似ている部分も多くあり、例えば、患者に対するマッサージや治療に必要な準備や片付けなどがあります。

注意点としては、いずれの場合も医師の指示のもと行っていきますので、あん摩マッサージ指圧師が独自で判断することは求められていない点です。

あま師が病院に勤務するやりがい&大変なこと

やりがいや苦労する部分については、最もよく聞くのは「担当している患者が良くなり、患者と一緒に喜ぶことができた時」という意見です。

怪我をして整形外科を受診し、そこから長い間リハビリに通っていた患者が日ごとに良くなり、可動域が広がっていき、元の姿に近づくと患者本人も変化を感じ喜んでくれ、感謝をしてくれた時が1番嬉しいという方が多いです。

 

逆に苦労をする時は、患者のリハビリや治療へのモチベーションが低く、まじめに取り組んでくれないと分かった時に、患者への働きかけがうまくできず結果が出せなかった時に悩むという意見があります。

あん摩マッサージ指圧師にとっての病院勤務の将来性・安定性

病院の将来性や安定性については、病院の立地場所や経営者の考え方による部分もありますが、医師、看護師、理学療法士といった専門職の集団が集まっていて、患者も継続的に通う人が多いので、業界としては安定していると言えます。

将来性についても、怪我などで通院する患者の数が、突然激減するとは考えにくいので、比較的安定していると言えます。

勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険の目安

あん摩マッサージ指圧師にとっての病院の求人のおおよそのイメージは以下の通りです。

  • 年齢制限:特になし(ただし実際は院長以上の年齢は敬遠されます)
  • 週休二日制(日曜と平日)
  • 勤務時間:9:00~12:00、15:00~20:00
  • 交通費支給
  • 厚生年金、健康保険、労災保険、雇用保険などの社会保険は完備
  • ノルマなし

就職した後の、職場での技術や知識の習得方法

病院に就職した後の技術や知識の習得については各病院によって大きくことなりますが、基本的にはスタッフ同士でも勉強会などを開催している所が多いです。

あん摩マッサージ指圧師が病院に就職したいときの、履歴書・面接の自己PRと志望動機について

まず、多くの病院で聞かれる質問の1つに、なぜその病院での勤務を希望しているのかといった内容を聞かれることがあります。

こういった質問については、求職者の体験も含めて説明ができると説得力が増し、好印象を与えることができます。

 

可能であれば、その病院で治療を受けたことがある、あるいは知り合いなどがすでに治療を受けたことがあり、そういった実体験を含めて話すことができると、より具体的な内容を離すことができ、良いでしょう。

その上で、「以前、怪我をした時にこちらの整形外科でお世話になり、辛かった足の痛みが取れました。〇〇病院は、足関節の痛みに特化した治療を進めておられるので、自分も足部の治療を得意とするマッサージ師になりたいと思い、応募しました。○○病院は地域でも評判がよく、マッサージ師さんだけでなく、受付などスタッフの方もとても感じがよく好感が持てました。働くならこういった職場が良いと思い応募しました。」といったように、具体的な内容を細かく話すことができると良いでしょう。

 

自己PRについては、これまで学校で学んできたことやこれまでの職業履歴の紹介、趣味・特技の中から面接で紹介できそうな部分を探して説明をします。

病院での仕事は、技術専門職であると同時にチームワークも求められる職場なので、「勉強を日々続けて技術研鑽に努めつつ、チームワークも大切にしながら仕事に取り組みたい」といったようなことをアピールできると良いでしょう。

 

そして、病院は同世代だけではなく幅広い年代の患者さんと接するため、面接では人当たりの良さ、話し方などもチェックされていると考えて、身だしなみや言葉遣いにも注意をする必要があります。

あん摩マッサージ指圧師を募集している病院の求人の探し方・見つけ方

基本的に病院の求人で機能訓練指導員を募集している所であれば、どこでも応募できます。

ただ治療家専用の求人サイトでは「あん摩マッサージ指圧師募集!」と書かれているものがあり、そういったところは”あま師”も歓迎されやすいですし、場合によっては手当もつきますのでおすすめです。

病院のあん摩マッサージ指圧師の求人例:http://urx3.nu/KaRv

病院のあん摩マッサージ指圧師の求人例2:http://urx3.nu/UGbN

タイトルとURLをコピーしました