あま師の今後の未来も将来性のある働き方【年収500万円以上】

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回は

  • あん摩マッサージ指圧師の今後の未来が不安だと言われる理由
  • そんな状態でも、将来性のあるあん摩マッサージ指圧師の働き方

についてご紹介します。

あん摩マッサージ指圧師の今後の未来・将来性が不安だと言われる理由

あん摩マッサージ指圧師の将来は、とても暗い将来が待ち受けるかもしれません。
その原因は、保険診療にかかるものです。

 

一部では、「念願の」という表現で受領委任払いの導入が行われましたが、これについては少々疑問があります。
柔道整復と同じような扱いにはなりましたが、この制度の本来の目的は締め付けです。

 

導入されて日が浅いため、まだ影響の度合いは少なく、保険者、施術者共に手探りな状態ですが、今後審査など厳しくなることが予想されます。
柔道整復側では、患者調査なども行われており、これが全国一斉に行われ始めると、影響が出ないわけはありません。

 

元々、不正に近いような形でマッサージの往療、割増を行っているような汚いところが淘汰されていくのは良いことなのですが、健全なところにも風評被害的なものが出てくると思われます。
あん摩マッサージは、医療の補完的な部分が強いため、医師が同意書を書かなかったり、患者が望まなかったりした時には保険請求がなくなり、収入的に大きな痛手を受けることになります。

 

大きなターミナル駅などには、必ずと言っても過言でないほど2-3軒のマッサージ店あるいはリフレクソロジーのお店があり、さらにそこに国家資格をもった柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師の治療院なども並んでいることもあります。

法律的には人にマッサージを行うことができるのは「あん摩マッサージ指圧師」と「医師」の有資格者のみと決められていますが、実際には数多くの無資格のマッサージ店やリラクゼーションのお店が存在し、資格がなくても経営は成り立っている状況があります。

 

こうした無資格者が経営するお店は、広告なども特に制限や制約がなく自由に掲載されている印象があります。

その上さらに料金が割安だったりした場合は、仮にあま師の資格をもっていても経営センスや価格面での競争で負けてしまいがちです。

そういった事もあり、今は治療院に「あん摩マッサージ指圧師」として勤める、もしくは経営するのは将来的に不安だとみられる事が多いです。

あん摩マッサージ指圧師の今後の未来も将来性のある働き方

そんな中、「あん摩マッサージ指圧師」にか対応できない、将来性のある働き方もあります。

訪問マッサージの仕事をする

高齢化社会になり足腰が弱ってしまいひとりで病院に行けない方や、病気により在宅で寝たきりになってしまった方に対して、訪問医療マッサージが今後も増えていくのではないかと考えます。

 

かかりつけ医に同意書を書いてもらうことで医療保険が適用になるのと、かかりつけ医との連携もできるので安心感も得られると思います。

 

担当のケアマネージャーとの関係も築いていける可能性がおおいにあるので、あん摩マッサージ指圧を必要とされる方を紹介してもらえる又は宣伝をしてもらうことができるからです。

 

そしてもうひとつ自由診療という方法があります。

医療保険は使えなくても設定した料金であん摩マッサージ指圧をすることができます。

 

このふたつの方法を並行して行うことでご利用者様の人数を確保することができ収入を得ることができると考えています。

また個人それぞれ希望の働き方があると思います。短時間のパート、正社員、個人事業主など、どれを選択しても仕事を続けることができるので将来性があると思います。

将来性のある働き方の一案としては、やはり訪問マッサージが良いかと思います。

勤めるのも、フランチャイズで経営していくにも良いと考えています。

 

今後2025年までは高齢者は増加していきます。

病床には限界があり自宅で終末期を迎える方が増えてきます。

 

そこで訪問マッサージに商機があります。

それに自宅で苦しむ利用者様を少しでも痛みから解放できるのはマッサージが良いと考えられるからです。

 

勤務であれば長く勤めたり訪問回数を増やすことで収入は安定しますし、福利厚生にも困りませんし研修などで腕を磨くことが可能です。

経営に参画するなら大手フランチャイズがおすすめです。

 

なぜなら利用者様はいてもマッサージ師が集まりません。

自分ひとりで施術する場合営業する時間がなかなか取れません。

 

フランチャイズだと初期投資とロイヤリティがありますが看板の下にマッサージ師が集まってくるのを分けてもらえます。

 

日本における高齢者の数は増加の一途をたどっており、今後も高齢者向けの介護・医療サービスは欠かすことができません。

人々の寿命が延びたことにより、病院で入院を継続するよりも在宅でリハビリを兼ねながら生活するというスタイルが珍しいことではなくなった現在、高齢者をいかに寝たきりにさせないかというのは医療、介護業界が抱える大きな課題でもあります。

 

あん摩マッサージ指圧師は解剖生理学も含め体の仕組みを理解しているので、リハビリなどについてもより専門的なアプローチを行っていくことができます。

そして何よりリハビリは無資格ではできませんから、いわゆる”もみほぐし”をしている人がどれだけ増えても、学校で大金を払って身に着けた私たちの資格が負けることはありません。

 

ちなみに訪問マッサージはあん摩マッサージ指圧師の中でも特に待遇がよく、月給は最低30万円から、年収は平均500万円、雇われで年収800万円ほど稼いでいる人もいるくらいです。

あん摩マッサージ指圧師の給料の高い求人例:http://urx.red/WISy

あん摩マッサージ指圧師の給料の高い求人例3:http://urx.red/nUWp

 

 

 

実際に訪問マッサージをされていた「あま師」のインタビューを以下の記事で紹介しています。

仕事内容、給料、勤務時間や福利厚生などを聞いたので、ぜひ読んでみてください。

あま師の訪問マッサージの仕事内容、就職方法、給料、求人の待遇など
いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。 今回はあん摩マッサージ指圧師として訪問(出張)マッサージの仕事をされていた方にインタビューにご協力いただけましたので、この記事でご紹介します。 あま師として訪問・出張マッサー...
タイトルとURLをコピーしました