あま師の接骨院での仕事内容、給料、就職・転職対策、求人の待遇

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回はあん摩マッサージ指圧師で整骨院に就職(転職)したい方に向けて

  • どのような理由で就職先に整骨院を選ぶあん摩マッサージ指圧師の方が多いか
  • 接骨院でのあん摩マッサージ指圧師の仕事内容・やりがい・大変なこと
  • 就職した後の、整骨院での技術や知識の習得方法
  • あん摩マッサージ指圧師が整骨院で働くために必要な知識や経験
  • あん摩マッサージ指圧師が整骨院に未経験で就職(転職)するのに年齢制限はあるか
  • 初任給、20代、30代、40代、50代、60代それぞれの年齢別の平均的な給料
  • あん摩マッサージ指圧師が整骨院で年収をアップする方法
  •  勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険
  • 整骨院に出会いはあるか、結婚できるか
  • あん摩マッサージ指圧師むけの整骨院の求人数は多いか
  • 整骨院に就職(転職)したい場合の、履歴書の自己PRと志望動機の書き方
  • 整骨院の面接の質問内容と回答
  • 逆質問では何を聞けばいいか

についてご紹介します。

スポンサードリンク

どのような理由で整骨院を就職先に選ぶあん摩マッサージ指圧師が多いか

整骨院を仕事先として選ぶ方は

  • マッサージの技術を磨くためと診断のやり方、患者さんとのコミュニケーションの取り方などを学ぶため
  • 勉強会が豊富で、スキルアップもしやすいと思った
  • 未経験でもとってもらえて、ある程度収入が安定していたのが整骨院だったから

といった理由の方が多いです。

 

接骨院は実費オンリーのマッサージ院などより患者さんの数が多く、またその症状も様々です。

数多くの患者さんや症例に触れ、経験値を高めることができます。

治療の志向が強いマッサージ師であれば、慰安的な要素が強いマッサージ院よりもやりがいがあるでしょう。

整骨院でのあん摩マッサージ指圧師の仕事内容

接骨院では、柔整師、あん摩マッサージ指圧師であるにかかわらず、まず干渉波治療機などの器具を患者さんにとりつけ、取り外す業務を行います。

その後に、この部分がだるい、むくんでしまっていると言ったことに対して、現状の体の状態を把握し適切な場所へ10分ほど簡単なマッサージを行ないます。

また、希望する患者さんに対しては、実費で長時間のマッサージを行います。

受付専門スタッフがいない接骨院では、電話の受け答え、予約の対応、会計など事務的な仕事をすることもあります。

 

なお、あん摩マッサージ指圧師が整骨院でしてはいけない事としては

  • お客様の求めていない部分の施術
  • 湿布を貼ったり包帯を巻くなどのマッサージ師がやってはいけない業務

等が禁止されています。

整骨院での仕事のやりがい・大変なこと

やりがいとしては

  • 施術が終わった後に感謝の言葉をかけて頂けること
  • 数をこなしていくことで、よく効くツボを覚えることができ、短くても満足度があるマッサージを学べること
  • 指名が多く取れるようになればその分給料も増えて、技術も向上し、お給料も増えるなど頑張りが結果に出ること

等を答える方が多いです。

 

一方でお仕事で大変なことは

  • お客様に満足頂けない場合ももちろんあるので、そういった時には自分の力不足を感じる
  • 10分で満足させるマッサージをしなくてはいけないため、慣れるまでは大変なこと
  • 患者さんの数が多いために矢継ぎ早にに業務をこなさなくてはいけない

等があります。

就職した後の、職場での技術や知識の習得方法

整骨院でのスキルアップの方法としては

  • お客様に許可を頂いて先輩の施術に同伴させてもらい、説明を受けながら見学させてもらって、その後に先輩同伴のもと施術やってみて学ぶ
  • 本を読み身体構造を学ぶ
  • 外部の勉強会に参加する(会社が研修費を出してくれる事も多い)
  • 昼休みに院長や先輩のマッサージをし、その時に教えてもらう

等があります。

あん摩マッサージ指圧師が整骨院に就職(転職)するために必要な知識や経験

あん摩マッサージ指圧師の資格さえあれば未経験でも整骨院に就職できます。

ただ基礎的な医学知識、特に接骨院に多い外傷の知識は勉強しておいたほうがいいです。

あん摩マッサージ指圧師が整骨院に勤める際に年齢制限はあるか

現在は、チェーン展開やフランチャイズ展開をする接骨院が多いです。

そういう接骨院は未経験でも歓迎という場合が多いですが、反面40歳までなどの年齢制限を定めている場合も多く見られます。

50代60代でも募集している接骨院は少ないです。

実際、体力を要する職場なので高齢者にはあまり適さないと思います。

整骨院勤務の月収・年収・ボーナス

接骨院の初任給はだいたい18万円~25万円ほどです。

これは20代でも60代でもかわりません。

給料額は経験や勤続年数で高くなるので、30代で40万円以上の月収がある人がいれば、50代60代で20万円台ということもあります。

グループ院であればボーナスが出る整骨院もありますが、個人院などではまずボーナスは出ないと考えていいでしょう。

 

新卒でグループ整骨院に勤めた場合の月収・年収の目安は以下の通りです。

年齢、月収(額面、手取り)、年収(額面、手取り)、ボーナス

  • 20代:月収(額面22万円、手取り15万円)/年収(額面300万円、手取り200万円)、ボーナス40万円
  • 30代:月収(額面30万円、手取り22万円)/年収(額面420万円、手取り320万円)、ボーナス60万円
  • 40代:月収(額面35万円、手取り27万円)/年収(額面490万円、手取り390万円)、ボーナス70万円
  • 50代:月収(42万円、手取り34万円)/年収(580万円、手取り480万円)、ボーナス80万円
  • 60代:月収(30万円、手取り22万円)/年収(420万円、手取り300万円)、ボーナス40万円

整骨院で年収をアップする方法

接骨院で年収をアップするためには、まず長く勤めること。

あとは、職場で信頼を得て院長候補となること。

分院などができたときに院長として選ばれれば(マッサージ師でも院長になれる会社もあります)年収は格段に上がります。

(グループ院では雇われ院長にすぐなれる求人もあります)

 

他にも保険診療で資格手当をもらうか、歩合給をお願いして歩合にしてもらう方法などがあります。

勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険

接骨院の勤務時間は建前では8時間。

実際は朝の掃除や業務時間を超えて残った患者さんの対応なども含めて、10時間ほどになるでしょう。

 

接骨院でノルマを求めるところは聞いたことがありません。

現在は週休2日制の接骨院が増えています。

会社組織として運営している接骨院であれば、有給休暇や福利厚生、社会保険なども用意されています。

福利厚生については、資格取得の補助であったり、住宅手当、通勤手当、損害保険、生命保険があります。

整骨院に出会いはあるか、結婚できるか

出会いは自分から行動しないとありませんが、この職業だから出会えないということはありません。

コミュニティに参加して交友関係を広げていけば、出会いはあると思います。

 

確実に言えるのは患者さんと恋愛関係になるということはまずほとんどないということです。

また患者さんは基本的に高齢者が多いので、患者さんとの出会いは少ないです。

結婚は収入が安定した30代でする人が多いと思います。

あん摩マッサージ指圧師むけの整骨院の求人は多いか

接骨院は現在グループ会社を形成しているところが多く、業務拡大のためにスタッフの募集も多いです。

おそらくはまだ訪問介護マッサージの募集よりも多いでしょう。

ただし個人院の求人は少ない傾向にあります。

整骨院で働きたい場合、履歴書の自己PRと志望動機は何を書けば良いか

現在の接骨院は、治療家としての突出した知識や技術よりも、その院内で行われる業務をチームとして平均的にこなす能力が求められています。

自己PRで強調すべきなのは協調性です。

自分がそれまで学んできた特別な技術に誇りがあっても、それをPRするとじゃあご自分で開業してくださいということを言われます(実体験です)。

しかし逆に建前としては他より高い技術力を接骨院としてPRしている所が多いので、志望動機は御社の高い技術を身に着けて社会貢献したいというようなことを書いておけば問題ないです。

整骨院の面接の質問内容・回答方法

面接ではだいたい協調性があるか、他のスタッフと協力して治療にあたれるかというようなことが聞かれます。

そう聞かれたら決して自分ひとりで治療を完結できるということは言ってはいけません。

求められているのは協調性なので、自分がいかに先輩スタッフと協力できるかをアピールするのがいいでしょう。

 

収入面では募集要項にあった金額をきちんと要求すべきです。

中には募集要項にあった金額を言うといやな顔をしてそれより低い額を提示してくる接骨院もあります。

こういうところは信頼できないので辞退したほうがいいです。

 

他にも会社に勤めたら、どんなことをしたいか、自分にはどんなことができるか、要は会社にどんな貢献をできるかを聞かれます。

会社も慈善事業ではありませんので、その人を雇ったら自分の会社にどれだけの利益を生むかを考えます。

ですので、しっかりと自分がその会社に入ったら、どんな貢献を出来るかをあらかじめしっかりと考えておきましょう。

面接の逆質問では何を聞けばいい?

面接の最後に面接担当者の方から「最後に何か質問がありますか」と逆に聞かれるのが逆質問です。

整骨院の面接では単純に聞き漏らしたことがないか聞いているだけなので、気になったことをここで素直に聞きましょう。

 

  • 給与と休日が募集要項と違わずに与えられるのか
  • 有給休暇があるか
  • 有給休暇は勤務何ヶ月後からもらえるか
  • 残業がどれだけあるか
  • 勉強会などの業務にはない拘束時間があるか
  • 転勤があるかないか

等を聞かれる方が多いです。

タイトルとURLをコピーしました