あま師が高収入を稼ぐ、3つの儲かる働き方【1000万円】

 

スポンサードリンク

あん摩マッサージ指圧師で「儲かってる人」はどれくらいいる?

はじめに、あん摩マッサージ指圧師の給与について、平成28年10月に実施された公益社団法人東洋療法学校協会の「第5回あん摩マッサージ指圧師・はり師及びきゅう師免許取得者の進路状況アンケート調査報告書」の結果をみてみましょう。

あん摩マッサージ指圧師1,993人に給与平均月額について尋ねたアンケート結果が掲載されており、平成8年が20.3万円、平成13年が20.1万円、平成18年が21.0万円、平成23年が20.4万円、平成28年で20.0万円と20万円台をほぼ横ばいの数字で推移しています。

 

この給与平均月額は、開業、勤務しているあん摩マッサージ指圧師両方合わせた平均となっています。

個人で開業している場合だけに限定をすると20.3万円、勤務をしている場合が19.8万円となっています。

 

月収が55万円を超える人も2.6%いますが、全体の約70%が30万円以下となっている状況を考えると、非常に少ないと言えます。

それでは、どのようにして2.6%に入れば良いのでしょうか?

あん摩マッサージ指圧師で稼ぐ3つの道

大きく3つの方法があると考えています。

1つは、独立開業をすることです。次に歩合制の給与体系の職場で働くことです。

最後に医療保険を使った訪問マッサージ会社に勤める事です。

あん摩マッサージ指圧師で開業すれば年収1000万円に届く可能性も

開業は多くのあん摩マッサージ指圧師がいずれはと目指す夢かもしれません。

先のアンケートでは、開業をしている場合で55万円以上の給与を得ることができているのは6.5%となっています。

 

ひまわり中央整骨院・代表/治療院専門コンサルタントの高橋洋平氏は、年収1000万円以上を稼ぐことに成功しており、その体験談をネット上で綴っています。

高橋氏によれば開業をして軌道に乗せるためには、技術はもちろんですが、技術のほかに経営分析を綿密に行うことと、患者のターゲットをできるだけ絞ることが重要であると述べています。

 

開業の様々なリスクを負いたくないという場合は、チェーン展開している治療院などの新規店舗の院長のポジションを狙い、将来的に独立開業をするための経営スキルやマーケティングスキルなどを身につけておくことも将来につなげることができます。

リスクを抑えて稼ぐなら歩合制

歩合制が稼げる理由に関しては、説明不要ですよね。

さすがに整骨院や治療院の雇われで年収1000万円に届くことはほとんどないですが、歩合制を導入している所で月に40万円~50万円くらい稼いでいるあん摩マッサージ指圧師さんは意外と多いです。

 

特に歩合制が導入されていたとしても”最低保証制度”が月10数万円ありますので、独立開業した時と比べてリスクを抑えられるというメリットがあります。

開業と同じく競争に買ったり、技術力だけでなく指名を取るコミュニケーション能力は必要になりますが、雇われている上であま師が稼ぐなら良い選択肢になると思います。

医療保険を使った訪問マッサージ

訪問マッサージは医師の同意の元、通院等が困難な麻痺等がある患者さんの所に伺って、マッサージや機能訓練を施し、患者さんの生活動作等を改善させていく仕事です。

訪問マッサージも初任給は月20万円程度ですが、業界ではめずらしく勤続年数や経験で収入が上がりる傾向にあり、ベテランクラスだと額面で月30~35万円ほど稼げます(年収として400万円以上は稼げます)。

中には月に50万円から60万円ほど稼いでいる人もいますので、歩合制と同様リスクを抑えながら雇われとして稼ぎたい方にはお勧めの働き方です。

余裕のある人は、あん摩マッサージ指圧師以外の資格も

この他、直接給与アップにつながるわけではありませんが、様々な資格を加えて技術者としての「スペックアップ」をすることも、長期的にみると稼げるあん摩マッサージ指圧師になる条件といえます。

資格を持っていれば無資格者よりも信頼度が上がり、第三者的に見ても知識や技術を持っている証明になります。

 

あん摩マッサージ指圧師以外のマッサージ関連の資格で考えると、柔道整復師や理学療法士の国家資格があります。

また鍼灸学校ではあん摩マッサージ指圧師の資格と並行して取得することができる学校もあるので、単独であん摩マッサージ指圧師の資格を取得するのであれば、並行して取れる資格を狙うのも良いかもしれません。

 

また、民間資格でも整体師やトレーナー、エステティシャン、アロママッサージ、アーユルベーダ、タイの古式マッサージなどがあり、「マッサージ」と一言で言っても、東洋医学的な考え方や西洋医学的な考え方があり、その中でも様々な手技手法があるので、勉強会やインターネットで検索をして情報を得て、自分に合いそうなものを探し、勉強を進めていくのも良いでしょう。

様々なアプローチができるマッサージ師になれば、口コミなどで評判が広がり、集客・収入のアップが期待できます。

 

あん摩マッサージ指圧師は、独立開業権のある資格なので、歩合制の職場などで技術研鑽を積み、ある程度の技術を取得して、経営的な分析で継続していくことができそうであれば、最近はレンタルスペースのような場所貸しを利用したり、開業当初は備品をリースしたりするなどして、できるだけリスクを減らした上で独立開業をして年収1000万円以上を目指すのが良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました