鍼灸師のジムでの仕事内容、年収、転職方法、求人の見つけ方【概要】

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回は鍼灸師の就職先の一つである「スポーツジム」「フィットネスジム」「トレーニングジム」での働き方についてご紹介します。

鍼灸師でジムで働きたい方の参考になれば幸いです。

 

※ちなみにこの記事では、様々な方のインタビューをまとめた概要をご紹介しております。

実際の声をそのままご紹介したものは以下の記事でご紹介しております。

鍼灸師のトレーニングジムへの就職方法、給料、求人の探し方【体験談】
いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。 今回キュアワークスを通して、鍼灸師としてスポーツジムに勤務している方にインタビューにご協力いただけましたので、この記事でご紹介いたします。 鍼灸師でスポーツジム、トレーニング...

 

どのような理由でスポーツジムへの就職・転職を目指す鍼灸師の方が多いか

自分自身が身体を動かすことが好きでスポーツジムに通っていたことがあったり、スポーツをしていて怪我をした時に鍼灸師の方にサポートしてもらったりした経験がある方が多いです。

自分と同じようにスポーツをしている人たちのケアをしたり、サポートする側になりたいと思い就職する方が多いです。

スポーツジムでの鍼灸師の仕事内容と、してはいけないこと

ほとんどのスポーツジムでは、併設している施設や場所が設けられています。

そこで鍼灸施術や手技を行います。

ボディケアやテーピング、トレーニング指導も行います。

その他に、ジムで怪我をしてしまった人の応急処置や手当を行うこともあります。

 

スポーツジム内ではインストラクターの方もいらっしゃると思います。

その方々は、トレーニングや運動メニューの専門家です。

その方々の指導を否定したりすることはしてはいけません。

あくまでその人にとって必要なものかを考えた上で提案したり、アドバイスする方が良いでしょう。

スポーツジムでのお仕事のやりがい、大変なこと

スポーツジムを利用されている方は自らそこに通おうとしていらっしゃるわけですから、意識が高い人が多いです。

そういった方に寄り添って目標を目指していけるので、それを達成した時の達成感は大きいですね。

 

その代わり、いろんな方が通われているので様々な症状を持った方がいらっしゃいます。

その症状に対し、どう対応していくか、治していくかが大変なことです。

様々な症状に対応できる機会があるので、鍼灸師としての一日が充実したものになると思います。

スポーツジムに就職した後の職場での技術や知識の習得方法

就職した後は、まずは以前から働かれている先輩方に聞いたり、指導していただいたりして勉強します。

その後は、社内で行われている勉強会や外部で行われているセミナーなどに参加し常に新しい情報を入手することが必要になります。

鍼灸師にとってのスポーツジムの将来性、安定性

年々スポーツをする人や関心を持つ人は増えています。

さらに活発になってくればジムなどの施設も今以上に増えていくため、その施設にはそういったケアをする方が必要になってきます。

 

ジムでの知識や技術が通用すれば、スポーツトレーナーとして働くことも不可能ではありません。

学校やアマチュアのチーム等活動範囲は増えていくと思いますので、将来性は非常にあるといえます。

鍼灸師がスポーツジムに就職するために必要な知識や経験

基本的に未経験のペーパー鍼灸師でも就職はできます。

ただスポーツに関心がある方や、学生の頃にスポーツをやっていた方のほうがスポーツをする楽しさ、厳しさをわかっていますので、挑戦してみようと来た利用者にスポーツをすることに対して、楽しさを伝えることが出来ると思います。

そういった経験は必要かと思います。

鍼灸師が未経験でスポーツジムに就職(転職)するのに年齢制限はあるか

年齢制限があるところは少ないですが、スポーツジムに通われている利用者はしっかりした体格の方もいらっしゃいます。

その方々に施術しなければいけない時もあるので、体力面を考えると年齢は若く、体力がある方のほうが務まるかと思います。

スポーツジムの勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるのか、福利厚生、手当、保険の目安

スポーツジムの営業時間と同じ時間営業しているところが多いです。

ですので、勤務体制は8時間の労働時間でシフト制、3時間から選ぶことが出来るアルバイトを主に雇っている所もあります。

残業は基本的にありませんが、開店前閉店後の準備、清掃などはある事もあります。

 

ノルマは無いところがほとんどですが、歩合制があるところでは給与以上の収入も見込めます。

週に1~2日は休暇があり、有給休暇もしっかり取ることが出来ます。

スポーツジム勤務の鍼灸師の月給・年収の目安

正社員であれば、相場で給料は月給約20万円~、年収約250万円です。

社会保険完備、交通費支給、賞与、産休育休制度もあります。

安定すれば平均月収25万円、平均年収300万円は得られると思います。

 

未経験者や転職で入社する方も多くいらっしゃいますし、会社側も未経験、ブランク有りでも入社可能なところが多いです。

スポーツジムに出会いはあるか、結婚できるか

鍼灸師の他に柔道整復師、あんまマッサージ師、インストラクター、スポーツトレーナー、ジム運営のスタッフの方もいらっしゃいますので、整骨院勤務よりは出会いはあるかと思います。

ジム利用者も若い方も多いと思いますので、出会いは期待できますよ。

スポーツジムで鍼灸師が働きたい場合の履歴書の自己PR、志望動機のアドバイス

志望動機としては、「私も学生時代、部活動で怪我をしてしまい、悔しい思いをしたことがありました。ですが、その時に助けて頂いたトレーナーの方がいて身体面でも、精神面でも救われたことがありました。身体のことや怪我のことなら頼ってもらえる鍼灸師として働きたい、そして何よりスポーツを楽しんでもらいたいという思いがあります。その夢が叶えられるのではと思い弊社に志望致しました。」という、経験から話をすることもできるかと思います。

 

転職理由の例としては、「以前の職場では整骨院で勤務していて、通っていただいている方にいつもと同じ治療をすることが当たり前になっていました。あまり変化のない環境での仕事はモチベーションも上がらなくなってしまっていました。将来、トレーナーとしての活動もできる鍼灸師を目指しているのでその目標が達成できる職場へと弊社に転職することを決めました。」などがあります。

 

自己PRとしては、身体を動かすところなので一番は元気や活気のある人が良いイメージを持たれやすいです。

その他に、コミュニケーション能力が必要な職場なので聞き上手、話し上手などもアピールすると良いですよ。

ジムの面接でよくある質問と理想的な回答方法

よくある質問として、「就職後何を頑張りたいか」「将来開業や独立などは考えているか」などがあげられます。

「就職後何を頑張りたいか」については、その会社で強みとしていることなどを挙げ、自身もそのことについて一緒になって頑張りたいという意思を伝えることが必要です。

 

「将来開業や独立などは考えているか」については、開業を考えているのであれば先輩スタッフからアドバイスを頂けたり、経営の経験もさせてもらえるチャンスもあるかもしれません。

考えていなければ、この会社で経験をしてから考えたい等、今現在の気持ちや目標を素直に伝えておくことが今後の自身もモチベーションを上げるためにも必要ですね。

鍼灸師向けのジムの求人の探し方・見つけ方

鍼灸師向けのジムでの求人は、各治療家専用の求人サイトで普通に募集されています。

ぜひ探してみてください。

ジムの鍼灸師募集の求人例:http://urx.blue/XZKv

タイトルとURLをコピーしました