鍼灸師の鍼灸院での仕事内容、給料、就職・転職対策、求人や福利厚生

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回は鍼灸師で鍼灸院に就職(転職)したい方に向けて、

  • どのような理由で鍼灸院を就職先に選ぶ方が多いか
  • 鍼灸院での鍼灸師の仕事内容・やりがい・大変なこと
  •  就職した後の、職場での技術や知識の習得方法
  • 鍼灸院の今後の将来性・安定性
  • 鍼灸院に就職(転職)するために必要な知識や経験
  • 未経験で鍼灸院に就職(転職)するのに年齢制限はあるか
  • 初任給、20代、30代、40代、50代、60代それぞれの年齢別の平均的な給料
  • 鍼灸院に勤めて年収アップする方法
  •  勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険
  • 鍼灸院に出会いはあるか、結婚できるか
  • 鍼灸師向けの鍼灸院の求人数は多いか
  • 経絡治療の鍼灸院の求人の見つけ方
  • 鍼灸院で働きたい場合、履歴書の自己PRと志望動機には何を書けば良いか
  • 面接での質問内容と回答

についてご紹介します。

スポンサードリンク

どのような理由で鍼灸院に就職される方が多い?

鍼灸師=鍼灸院という流れがある程度あるので、鍼灸院を就職先として選ぶこと自体は特に意識されていない方が多いです。

ただ大手の鍼灸院か個人院を選ぶかでは

大手グループ院を選ぶ方は「自分自身が成長する為にはより多くの方の施術に入らせてもらえる環境が必要だと考え、今勤めている鍼灸接骨院は来院数も多く、ブランド力もあるので可能だと感じました。」

個人院を選ぶ方は「小さな鍼灸院でしたが、患者様からの信頼を得ている鍼灸院であり、見学当初から働きたいと思っていたことが一番の理由です。また、院長先生などスタッフの方々がとても良い方であり、安心できたのでこの鍼灸院を選びました。」と答える方が多いです。

鍼灸院での鍼灸師の仕事内容

鍼灸師として、はり、きゅう治療はもちろんのことながら、自費治療として骨盤矯正やマッサージに類似したことも行います。

また事務作業や運営なども携わる場合もあります。

お仕事のやりがい・大変なこと

鍼灸院のお仕事のやりがいとしては

  • 患者様の症状がどんどん自分の思い描いていた通りに回復されると、自分の身たては間違いではなかった!鍼灸ってスゴい面白いなって感じれること
  • 多くの患者さんの施術をさせていただけるので、経験が積めること
  • 患者様の治療をしていて、新しい知識を得る事が出来ること
  • 患者様に喜んで頂き対価としてお金を頂きおまけに、ありがとうと言って頂けること
  • 少しでも人に貢献できていると感じること

と答える方が多いです。

 

一方で大変なこととして

  • 労働時間が長いこと
  • 悪い部位が多い患者様は1度の治療において様々な鍼灸の技法を使わなければならず、患者様が多い日はとても疲れる事
  • 多くの患者さんが来られるので一人一人に十分な時間が取れずに回し作業みたいな状況になってしまう事があること
  • 待遇や労働環境が一般企業ほど整っていないので、肉体労働いなりがちなこと
  • 東洋医学は難しく、勉強は一生必要なぐらい膨大な量があり、毎日なにかしらの勉強が必要なこと

等を挙げられる方が多いです。

 就職した後の、職場での技術や知識の習得方法

  • 先輩や上司が開催してくれる勉強会や練習会に参加する
  • 詳しい先生方にこちらから勉強会、練習会をお願いする
  • 院長の治療を受ける、見学する
  • 仕事終わりに自分で1日のフィードバックをする
  • スタッフを使って練習する

等があります。

鍼灸師にとっての鍼灸院の将来性・安定性

鍼灸院の将来性については、鍼灸院によって二極化が進むと言われています。

例えば大手のグループ院の場合は店舗数が多い、実費治療も積極的に取り入れている、経営戦略がしっかり組まれている等の理由から将来的にも問題ないと言われることが多いです。

逆に個人院の場合は、資金力やマーケティング力で大手に劣り、また実費治療を取り入れにくい傾向から今後は厳しくなるのではないかと言われています。

鍼灸師が鍼灸院に就職(転職)するのに必要な知識・経験

新卒での採用も多いので、鍼灸師の資格さえ持っていれば未経験のペーパーでも問題なく採用されます。

ただし東洋医学が学べる環境なら、知識は入れれるだけ入れといた方が良いです。

特に中医学はまだ学びやすいので、やっておいた方がいいです。

あとは学校でやる解剖学、生理学、病理学などは頭に叩き込んでおいた方がいいでしょう。

鍼灸院に未経験で就職(転職)するのに年齢制限はある?

理想としては20代、30代、40代の間に未経験で働き始める事が良いと思います。

50代、60代になると記憶力や体力面で、しんどくなる面があると思います。

鍼灸師の鍼灸院での給料

こちらはグループ院か個人院かで大きく変わります。

 

グループ院の場合は初任給が23~27万円で、役職がつくことにより数万円アップします。

統括やマネージャークラスで、月収が40~50万円ほど(年収500万円ほど)になります。

 

個人院の場合は初任給は18万円~が相場で、独立開業でもしない限りは月収25万円ほどが頭打ちになります。

 

また鍼灸院によっては「最低保証で一律10-13万円あり、その額を歩合(50%)が越えてくるようなら歩合に切り替えられ診た分だけもらえる」など、歩合制を導入しているところもあります。

こういったところであれば、月30万円ほど稼いでいる鍼灸師の方も沢山います。

鍼灸院で年収をアップする方法

鍼灸院では基本的に、年齢と共に自然と年収が上がっていくという事はありません。

役職がつくか、歩合制で上手くやるかの二択しかないでしょう。

勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険

こちらは鍼灸院によって全く違いますので、今回はグループ院に勤めるAさんと、個人院に勤めるBさんにインタビューした結果をそのままご紹介します。

グループ鍼灸院に勤めるAさん

勤務時間は約14時間
残業時間は8時間以上の勤務を残業とするならば月50時間弱くらい。
ノルマは特にないが目標はあります。
週休2日になったのでそこはまだマシです。
有給はほとんどとれないか会社が指定してきます。
保険は完備です。

個人院に勤めるBさん

勤務時間は8時間程度です。
残業は患者様の数によって変わります。
ノルマはありません。
週1日以上の休みは確実にあります。
業界として有給は取りやすい環境であると感じます。
福利厚生は年2回のボーナスなどです。
会社ではないので通常の国保になります。

鍼灸院に出会いはあるか、結婚できるか

グループ院では人員入れ替えや勉強会も多いのである程度の出会いはありますが、個人院ではあまり期待できません。

結婚は20代後半から30代前半が多いです。

鍼灸院の求人は多いか少ないか

求人の数は多いとも少ないとも言えません。

探せば普通にありますし、就職も出来ます。

経絡治療の鍼灸院の求人の見つけ方

鍼灸院の求人は、そもそも非常に少ないのですが、まず経絡治療をしている鍼灸院というと、大きい団体は「経絡治療学会」と「東洋はり医学会」「漢方はり医会」あたりです。

ほかにもありますが、純粋な経絡治療というと、まずこの3つがあります。

 

ネットで検索をかけて、直接電話やメールで問い合わせるという方法もありますが、治療時間中に長々と求人の問い合わせ電話をされると、「この人は相手の気持ちを理解できない。治療家として不向き」と院長に思われて、高確率で不採用になりますし、この業界は狭いですから、次々に迷惑な電話攻撃しているとブラックリストに載りかねません。

しかしながら熱心な行動力は評価できるので、もし電話するなら短時間で、もしくは先方に都合の良い時間を聞いて、かけなおしてくだされば評価もそれほど悪くないと思います。

 

もし経絡治療の鍼灸院に就職をしようとするなら、

  1. 目的の経絡治療の勉強会に参加する。
  2. 会の運営を手伝いながら、就職したいような院長を探す。
  3. その院長の鍼灸院に患者として、治療代を払って受診する。
  4. 院長に、直接働きたい旨を伝える。

これしかないと思います。

経絡治療の求人で「未経験可能」とある場合、本当に未経験可能なのか

未経験可とあれば、本当に未経験可だと思って構いません。

基本的に、特に経絡治療の鍼灸院であれば、患者さんに経絡治療を行うのは院長一人です。

採用された鍼灸師は助手として、勤務します。

 

助手の仕事は、受付や掃除、鍼灸道具の用意や片付けなどです。

まず、最初に求められるのはこのような鍼灸免許なくてもできるような事柄です。

で、そういったことが一通りできるようだと、治療の補助として、患者さんを触らせてもらえるでしょうが、よほど院長に信頼されないと助手が患者さんを触ることはありません。

鍼灸接骨院などでしたら、即戦力としての鍼灸師の求人が出ていることはありますが、経絡治療となるとまずありえません。

ですので、もし未経験可とあるなら、本当に未経験可だと思います。

鍼灸院へ応募する際、履歴書の自己PRと志望動機は何を書けば良いか

志望動機として押さえておきたいポイントとしては

  • 何故鍼灸師になったのか
  • 何故当院の鍼灸院がいいのか
  • どんな鍼灸師になりたいのか
  • 東洋医学に興味があるのか
  • 東洋医学を本気で学びたいのか
  • 鍼灸師として骨を埋める覚悟があるのか
  • とにかく鍼灸師としての資質、根気、本気があるのか

です。

 

これらの志望動機をもとに、如何に熱意があるかを伝えるのが自己PRにもなります。

ただ単に楽に働きたいという考えや、大手だから安定しているという考え方は、見透かされると思ってください。

担当者も最初から「うちの会社は大変だよ」と言っていることが多いので、やる気を示してください。

面接では何を聞かれ、どう答えればいいか

先程も書きましたが、面接では

  • 何故鍼灸師になったのか
  • 何故当院の鍼灸院がいいのか
  • どんな鍼灸師になりたいのか
  • 東洋医学に興味があるのか
  • 東洋医学を本気で学びたいのか
  • 鍼灸師として骨を埋める覚悟があるのか
  • 心身ともに辛くなってしまう事も多いがしっかりと働く事が出来るのか
  • 鍼灸師として基本的な知識について

などを聞かれますから、自分自身のビジョンや夢や目標をしっかりと持って、一通りの答えを用意しておいてください。

 

鍼灸院の面接での理想的な答えですが、基本的に担当者からは「うちは大変ですよ」「本当に続けられますか」という質問が来ると思いますので、「やる気・チャレンジ精神・頑張れる環境で仕事をしたい」という軸で答えると評価されやすいです。

一つだけ注意しないといけないのは、「何となくです」とか「よくわかりません」などはやる気がないと判断されますので注意してください。

面接の逆質問では何を聞けばいい?

面接の最後に担当者から「最後に何か聞きたいことはありますか?」と聞かれるのが逆質問ですが、一般企業とは違い単純に聞き漏らしたことがないか確認しているだけですので、気になる事を素直に聞いてください。

  • 通常勤務の拘束時間
  • 給与や待遇面
  • 福利厚生面
  • 休みはしっかりとれるのか
  • この院ではどのように鍼灸を学んでいけばいいか
  • 早く患者様を診れるようになるには、どうすればいいか

などを聞かれる方が多いです。

タイトルとURLをコピーしました