鍼灸師の鍼灸院への転職方法、給料、将来性、求人の探し方【体験談】

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回は鍼灸師として鍼灸院に勤めたことがある方にインタビューにご協力いただけましたので、こちらでご紹介いたします。

 

※以下、インタビュー内容をそのままご紹介します。

鍼灸院での鍼灸師としての仕事内容・鍼灸師としてできない事を教えてください

鍼灸師として、はり、きゅう治療はもちろんのことながら、自費治療として骨盤矯正やマッサージに類似したことも行っています。

鍼灸師としてしてはいけない業務はほとんどなく、資格関係なしに事務作業から運営まで全て行っています。

患者様のお身体の悩みに寄り添うお仕事です。

鍼灸師は針をする事で治すという認識が一般的だと思いますが、実際は針を打つことで、身体の自己修復能力を活性化させて患者様ご自身の力でケガや病気を治せるように導く仕事です。

してはいけないことは、見立てを間違い悪化させることです。

鍼灸師としては、患者様の辛い痛みなどを鍼灸によって緩和する仕事をしています。
してはいけない業務としては、患者様との個人的な連絡先の交換や鍼灸師の資格を持たないスタッフに鍼灸師の仕事をさせることがしてはいけない業務です。

いろいろな症状、疾患、病気をお持ちの患者様に鍼治療、灸治療を行います。

逆子治療にも沢山の方が来院され施術します。

 

その他に顔に針をさす美容鍼灸の施術も沢山行います。

してはいけない業務は今の所ないと思います。

お仕事先のやりがいと、大変なことを教えてください

やりがいは多くの患者さんの施術をさせていただけるので経験が積めること、患者さんが良くなるととても感謝してもらえること、少しでも人に貢献できていると感じること。

 

大変なことは労働時間が長いこと、多くの患者さんがこられるので一人一人に十分な時間が取れずに回し作業みたいな状況になってしまうこと、待遇や労働環境が一般企業ほど整っていないので肉体労働かつ若い時にしかできないのではないかと思う働き方を強いられること。

やりがいはすごくあるお仕事です。

患者様の症状がどんどん自分の思い描いていた通りに回復されると、自分の身たては間違いではなかった!鍼灸ってスゴい面白いなって感じれることや患者様に喜んで頂き対価としてお金を頂きおまけに、ありがとうと言って頂ける他の仕事では味わえないやりがいがあります。

 

大変な事は東洋医学が難し過ぎること、勉強は一生必要なぐらい膨大な量があり毎日なにかしらの勉強が必要な所が大変です。

あとは患者様により信用して頂き自分の施術に納得して頂けるように心身ともに磨き続けるのが大変です。

鍼灸師の資格を持っているため、鍼灸の仕事をする事はもちろんのこと鍼灸師として患者様の笑顔を見る事が出来る事が一番のやりがいです。
また、患者様の治療をしていて新しい知識を得る事が出来ることもやりがいの一つであると感じています。

 

この仕事の大変な面としては、患者様が多い日にはとても疲れます。

特に悪い部位が多い患者様は1度の治療において様々な鍼灸の技法を使わなければなりません。

 

そのため、毎日患者様の事を一生懸命に考えながら治療をしています。

患者様ほ多い方だと思うので、いろいろな症状、疾患の治療ができるのでやりがいがあります。

治療しながらいろんな方とお話もできるので勉強になったり、楽しい時間を過ごせたりします。

 

また、美容鍼灸や逆子治療の患者様も多く来院され、その施術もたくさんできるのでやりがいを感じます。

大変なことは、鍼灸師が院長と自分二人なので、患者様に技術を比べられることがあります。

 

知識をつける努力が常に必要で大変ですが、モチベーションがあがります。

就職した後の、職場での技術や知識の習得方法を教えてください。

先輩や上司が開催してくれる勉強会や練習会に参加すること。

あとは詳しい先生方にこちらから勉強会、練習会をお願いする。

自習、定期的な勉強会、院長の治療を受ける、見学する、スタッフを使って練習する、実践で患者様を相手にトライアンドエラーを繰り返す。

就職した後の職場では院長にしっかりと知識と技術を詰め込んでいただきました。
その他にも仕事終わりに自分で1日のフィードバックをするなどしっかりと継続する事が大切であると感じました。

院長がどんな治療をしているか一通り見学し、あとは基本的に見て学ぶことが多いです。

今までの自分の臨床経験と組み合わせて、治療の経験を増やしていきます。

鍼灸師にとっての鍼灸院の将来性・安定性をどう思いますか?

ここまでの教育環境や経営戦略、歩合のシステムなどが考えられた鍼灸院は全国でも数少ないと思います。
自分の死にものぐるいの努力と根気があれば十二分に将来性があると思います。

要は全ては自分の心意気次第でどうとでもなる職場だと思います。

鍼灸師の仕事は様々な問題に当たりながら続ける仕事でもあるために、心身ともにハードであると感じますが続ける事が出来ると感じています。
将来的にも安定した仕事であるために、現在のベースを崩さずに積み重ねていれば良い仕事であると思います。

院長や鍼灸師以外のスタッフとの人間関係も良いので、長く続けられる仕事先だと思います。

お給料も悪くなく平均的なので安定はしていると思います。

将来独立するための知識やノウハウも学べる環境なのでこれからも続けられそうです。

鍼灸院に就職・転職するのに必要な知識・経験は実務経験なしのペーパーでは難しいですか?

新卒での採用も多いので、そこまで経験は必要ではないと思います。

もちろん鍼灸師の資格は必須です。
東洋医学が学べる環境なら知識は入れれるだけ入れといた方が良いです、特に中医学はまだ学びやすいのでやっておいた方がいいです。

 

あとは学校でやる解剖学、生理学、病理学などは頭に叩き込んでおいた方がいいです。普通に使えます。
喰らいついていく根性があればペーパー鍼灸師でも全然大丈夫です。

鍼灸師の国家資格が必要です。
勉強しておいた方が良い事としては、人の身体について深く知っておく事であると思います。
未経験でも就職できますが、努力が必要であると思います。

鍼灸師資格は必須で、少しは臨床経験を積んでいる方が仕事しやすいかもしれません。

もちろん未経験でも努力次第でどうとでもなります。

20代、30代、40代、50代、60代、それぞれの年代で未経験で就職・転職できますか?それとも求人に年齢制限はありますか?

20代がベスト、30代がボーダーラインです。

40代以降は未経験では厳しいです。

理想としては20代から40代の間に未経験で働き始める事が良いと思います。
40代を過ぎると記憶力などでしんどくなる面があると思います。

未経験は問題ありませんが、20代、30代の女性患者様が多いので、60代未経験の鍼灸師だと少し大変かもしれません。

初任給、20代、30代、40代、50代、60代それぞれの年齢別の平均的な給料・年収・ボーナスの目安

初任給が23~27万
役職がつくことにより、数万円アップ。
30代で統括やマネージャークラスで40~50万

当院は最低保証で一律10-13万円あり、その額を歩合(50%)が越えてくるようなら歩合に切り替えられ診た分だけもらえます。

歩合率も人数が増えると増えます。

初任給は18万円~が相場です。
20代から60代に関しては、その人の技術などで大きく金額が変わると感じます。

初任給20万。
20代月収額面25万、手取り23万、年収額面400万、手取り376万、ボーナス50万。

 

30代月収額面30万、手取り28万、年収額面480万、手取り456万、ボーナス60万。
40代月収額面30万、手取り28万、年収額面480万、手取り456万、ボーナス60万。

 

50代月収額面30万、手取り28万、年収額面480万、手取り456万、ボーナス60万。
60代月収額面25万、手取り23万、年収額面400万、手取り376万、ボーナス50万。

鍼灸院で年収アップする方法を教えてください

勉強、自分磨き、トライアンドエラー、患者様の立場になって考える、自己管理、営業力、宣伝、やれることを全てやって患者様に喜んでもらうことで結果はついてきます。

この仕事で年収をアップさせる方法としては、毎日コツコツと働き、しっかりと自分に自信を持つ事が良いと感じます。

自分はパートなので、この仕事先での勤続年数を増やじ時給を上げること。

残業時間を増やすこと。出勤日を増やすこと。

勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険

勤務時間は約14時間
残業時間は8時間以上の勤務を残業とするならば月50時間弱くらい。

 

ノルマは特にないが目標はあります。
週休2日になったのでそこはまだマシです。

 

有給はほとんどとれないか会社が指定してきます。
保険は完備です。

勤務時間は8時間程度です。
残業は患者様の数によって変わります。

 

ノルマはありません。
週1日以上の休みは確実にあります。

 

業界として有給は取りやすい環境であると感じます。
福利厚生は年2回のボーナスなどです。

 

会社ではないので通常の国保になります。

勤務時間は基本的に5時間。残業あり。ノルマ無し。

シフト提出制なので基本的にいつでも休みが取れる環境です。

 

有給休暇は尋ねたことはありませんが取れないと思います。

雇用保険には加入しています。その他手当ては特にありません。

鍼灸院に出会いはありますか?何歳で結婚できますか?

社内での出会いは多い方だと思います。
結婚は20代後半から30代前半が多いです。

30代手前で結婚される方が多いと感じています。
出会いは期待できません。

出会いはないです。比較的20代で結婚する同業者は多いです。

鍼灸院に就職(転職)したい場合、履歴書の自己PRと志望動機は何を書けば良いか

常に挑戦する意思があること、成長意欲や自分自身がしっかりと目標を持って取り組める人材であることをアピールくる必要があります。

後は印象もとても大切で、明るくハキハキと受け答えができるかどうかも見られていると聞きます。

 

ただただ、楽に働きたいという考えや大手だから安定しているという考え方はみすかれやすいと思います。
担当者も最初からうちの会社は大変だよと言っていることが多いので、その通りです。やる気を示してください。

何故鍼灸師になったのか、何故当院の鍼灸院がいいのか?、どんな鍼灸師になりたいのか、東洋医学に興味があるのか、東洋医学を本気で学びたいのか、鍼灸師として骨を埋める覚悟があるのか、とにかく鍼灸師としての資質、根気、本気があるのかどうか当院では大事にしています。

 

PRは上記の内容をいかに熱意をもってこちらに伝えて頂けるかがポイントです。

覚悟と本気を見せてもらえれば採用してもらえる可能性が高いとおもいます。

自己PRは簡単に自分がどうして、鍼灸師になったのかということや、鍼灸師の仕事を通してどの様な事をしたいのかなどを具体的に書くと良いと思います。
志望動機は、自己PRを元にしっかりと働きたいという意思を伝える事が大切であると感じました。

 

特に鍼灸師としてどのように活躍していきたいなど具体例を書いていくとしっかりとした自己PRと志望動機になり、確実に働く事が出来る線を超えると感じています。
また、このような事は丁寧に考える事も大切です。

自分の長所、特に性格など、向上心、これからやっていきたいことほアピールした方がいいと思います。

私の場合、今まで打ち込んできたことや、部活動、努力してきたことを沢山聞かれたのでそこを重視されたのだと思います。

 

志望動機に関しては、この鍼灸院が美容に特化しているので、美容系の施術をしたいことや、それによって自分がこの鍼灸院にどのようなことを提供していけるかを伝えられたらいいと思います。

人間性を重視されたような気がします。

鍼灸院の面接でよくある質問・回答方法を教えてください

上記にも記載したように、
やる気・チャレンジ精神・頑張れる環境で仕事をしたいという軸で答えると良いと思います。

 

あまり高圧的ではなく優しく明るい感じで話してくれる担当者が多いので面接はリラックスできると思います。
自分自身がこれまでに頑張ってきたことや、これから自分がどうなっていきたいかなどを聞かれることが多いと思います。

 

自分自身のビジョンや夢や目標をしっかりと持って面接にチャレンジすればしっかり評価してもらえるはずです。

先程も書きましたが、何故鍼灸師になったのか、何故当院の鍼灸院がいいのか?、どんな鍼灸師になりたいのか、東洋医学に興味があるのか、東洋医学を本気で学びたいのか、鍼灸師として骨を埋める覚悟があるのか、など鍼灸師としての覚悟は聞かれます。

 

答えてはダメなパターンとしてはなんとなくとかよくわからないなどは言わない方が良いです。
曖昧な中途半端な覚悟の鍼灸師は当院では治療に入れません。

要は東洋医学や鍼灸に対する熱い思いを伝えて頂けると良いです。

面接では、院長先生が直接面接を行ってくださいました。
まず、院長先生から聞かれた事としては、心身ともに辛くなってしまう事も多いがしっかりと働く事が出来るのかということや、自分の意思を再度確認されました。

 

その様な場合には、しっかりと働く事が出来るという事を伝える事がとても大切であると感じます。
また、鍼灸師として基本的な知識などを面接で聞かれました。

 

その場合は、不安であってもしっかりと自分の考えなどを伝える事が大切であると感じました。

基本的には世間話から始まるような面接でした。

その中でも自分の長所、性格など人間性を探られたような気がします。

 

今まで打ち込んできたことや、部活動、努力してきたことを沢山聞かれました。

自分のPRをしつつ嘘はつかず素直な受け答えをしていると、面接する側も自分に興味を持ってくれて良かったと思っています。

 

とにかく自分の人間性を知ってもらえるように頑張ったらいいとおもいます。

知識や経験はその次だと感じました。

面接での逆質問は、どのようなことを聞けばいいと思いますか?

自分自身の成長に繋がることを聞くことが良いと思われます。
このように成長していきたいが御社ではどのような環境などか等、自分自身の成長意欲を見せる質問が良いと思います。

ここで鍼灸を学ぶにはどのように学んでいったらいいんですか?
早く患者様を診れるようになるにはどうしたらいいですか?

休みはしっかりと取得できるのかということや、通常勤務の拘束時間などをしっかりと聞くと良いと思います。

主な仕事の内容。時給、休みのとり方、交通費、手当て、保険などはきちんと確認しておく必要があると思います。

鍼灸院の求人の探し方・見つけ方

鍼灸師の最もメジャーな就職先なので、治療家専用の求人サイトですと簡単に見つけられますよ!

ハローワークとかは個人院が多くなってしまうので、待遇が良いグループ院を求人サイトで探すのが良いと思います。

鍼灸院の求人例2:http://u0u1.net/YqcS

鍼灸院の求人例:http://u0u1.net/uvnW

タイトルとURLをコピーしました