あま師の老人ホームでの仕事内容、給料、就職・転職対策、求人の待遇

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回はあん摩マッサージ指圧師の方で老人ホームに就職(転職)したい方に向けて、

  • あん摩マッサージ指圧師の老人ホームでの仕事内容・やりがい・大変なこと
  • 就職した後の、職場での技術や知識の習得方法
  • 老人ホーム勤務の今後の将来性・安定性
  • あん摩マッサージ指圧師が老人ホームに就職するのに必要な経験や知識
  • 未経験のあん摩マッサージ指圧師が老人ホームで採用される年齢
  • 老人ホームでの初任給、20代、30代、40代、50代、60代それぞれの年齢別の平均的な給料・ボーナス
  • 老院ホームで年収をアップする方法
  • 勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険
  • 老人ホームで出会いはあるか、結婚できるか
  • あん摩マッサージ指圧師向けの法人ホームの求人は多いか
  • 老人ホームの履歴書の自己PRと志望動機は何を書けば良いか
  • 面接での質問内容と回答、逆質問について

についてご紹介します。

スポンサードリンク

老人ホームでのあん摩マッサージ指圧師の仕事内容

入居者が体の不調を訴えた時に、入居者の体のメンテナンスに動きます。

お仕事のやりがい・大変なこと

入居者の「ありがとう」の声が何よりの励みになります。

入居者の人と何気無く会話をする中にもまた幸せがあると言えるでしょう。

 

逆に大変なのは、なぜ入居者が痛がるか原因を突き止める事ができないケース、マッサージで問題が解決できず慌ててしまうケースなどです。

こうして困っている入居者を助けられない時に、自分のやっている仕事の存在意義を奥深くまで考え込んでしまう事が時々ですがあります。

就職した後の、職場での技術や知識の習得方法

知識を身に着けるのは、基本は自学自習になります。

どんな本を買えば必要な知識が身につくかや、勉強の仕方などは責任者の人に質問すると教えてもらう事も出来ます。

あん摩マッサージ指圧師の老人ホームでの将来性・安定性

日本はこれから少なくとも2065年まで高齢者率が増え続けますし、マッサージを出来るのはあん摩マッサージ指圧師だけなので、将来性や安定性については問題ないでしょう。

あん摩マッサージ指圧師が老人ホームで働くために必要な資格・経験

基本的にはあん摩マッサージ指圧師の資格があれば、視覚障害者の場合はほぼ間違いなく採用まで漕ぎ付ける事ができます。

資格を持っている人なら勉強は後になって言われた通りの事をやっておけば問題がありません。

未経験でも資格があればそれでも構いません。

老人ホームに未経験で就職(転職)できる年齢

基本的には20代、30代、40代までが重宝され、50代以上はやや難しいです。

初任給、20代、30代、40代、50代、60代それぞれの年齢別の平均的な給料

初任給は手取り20万円前後(額面20万円台前半から半ば)であり、20代から30代までが手取り24万円(額面31万円)程度、40代から50代が手取り30万円(額面39万円)程度となります。

60代はデータが少ないので良く分からないのですが、手取り26万円(額面34万円)程度となります。

ボーナスは月給1ヶ月弱分が目安です。

老人ホームで年収をアップする方法

とにかく最初の5年は責任のある業務を積極的に引き受ける事であり、そうする事で自然と年収の高い責任者職にありつく事ができます。

勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険

勤務時間は基本的に休憩1時間込みの1日8時間労働が目安となります。

業務の性質上残業は少ない方であり、ノルマはあったりなかったりです。

 

週休2日が慣例であり、有給休暇は人手不足でなければ普通に取得できます。

福利厚生としては職場のあん摩マッサージ指圧師同士での施術があり、手当は交通手当、住宅手当、精勤手当などがあります。

保険としては健康保険、厚生年金、企業年金があります。

老人ホームで出会いはあるか、結婚できるか

職場の関係者同士は、関係者以上の関係になる事は少ないです。

そしてスタッフ以外ですと高齢者の方が多いので、どうしても出会いは少ない傾向にあります。

結婚自体は、30代前半に行う人が多いです。

あん摩マッサージ指圧師むけの老人ホームの求人は多いか

他の就職先と比べると少ない傾向にあります。

老人ホームで働きたい場合、自己PRと志望動機は、どのようなことを書けば良いか

基本的にあまり凝った自己RPや作為的な志望動機は必要がありません。

それこそ、生活費を稼ぎたいであるとか、正社員になりたいであるとか、そのような志望動機でも構いません。

そのように食べるためだと割り切った志望者の方が「この人は生活のために仕事を投げ出さない」と評価されやすい傾向にあります。

逆に、夢一杯でこの業界を志望する人ほど「この人は少し辛い事があるとすぐ辞めそうだな」と白い目で見られるようなところがあります。

面接ではどのようなことを聞かれ、どう答えると良いか

「どのような社員になりたいか」という事は必ずと言って良いほど聞かれるため、そうした場合「利用者のニーズに応え、職務に徹する社員になりたいと思います」と答えるべきです。

逆に、待遇についての事、サポートについての事は聞かない方が無難です。

というよりは、極端に待遇や職場環境が悪い企業はほぼ無いので、そもそも聞く必要がありません。

経験者の場合は「これまで業界を経験して辛かったこと」をよく聞かれますが、これは正直に答える事が無難であり、その時に採用担当者に自分の話が理解されるかどうか試してみるしかありません。

面接での逆質問は、どのようなことを聞けばいいか

経験者の場合でも未経験の場合でも、仕事の流れについて予想して「これで合っていますか?」と聞くのがベストです。

企業の採用担当者は初日に出勤してすぐに仕事の流れが分かる人が欲しいのであって、これが答えられるかどうかで評価が変わっていきます。

タイトルとURLをコピーしました