あま師の就職先、整骨院と機能訓練指導員を比較【仕事・給料・経験】

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回はあん摩マッサージ指圧師の資格をお持ちで

  • 整骨院
  • デイサービスなどの機能訓練指導員

どちらに就職(転職)するか迷っている方に、それぞれのあま師としての仕事内容・今後のキャリアへの影響・給料・安定性・将来性などと共に簡単に比較してみたいと思います。

 

始めにそれぞれの働き方についてご紹介し、最後にまとめをご紹介します。

簡単にまとめだけ知りたい場合は、最後だけ読んでいただいても構いません。

あん摩マッサージ指圧師の整骨院での働き方

整骨院であん摩マッサージ指圧師として働く場合、柔道整復師でなければ法律上保険施術は出来ず、自費施術しか出来ません。

しかし現場では、保険施術も担当しているのが現状でしょう。

 

院によって様々だとは思いますが、問診、診断、施術を全て担当することもあるでしょうし、柔道整復師が診断した方の施術や自費施術のみを担当する場合もあるかもしれません。

また、整骨院のよっては訪問マッサージを展開している場合もあり、それを担当する場合もあるでしょう。

機能訓練指導員と比べると様々な症状を経験出来る事、体格や手技の好みが様々な為、施術家としての経験は積めると思います。

 

給料面は様々ですが、鍼灸師や柔道整復師を合わせて持っていないと低くなりやすいです(月収18万円~25万円程度)。

ちなみに訪問マッサージを担当する場合は、歩合制もあります。

 

将来性や安定性については、整骨院の保険業務は健康保険から締め付けが強くなる傾向にあるので、保険請求に偏っていたり、高齢者の割合が多いところは、経営は厳しくなっていくと思われます。

ただしグループ院であれば実費メニューも豊富なため、将来性や安定性についても今のところはそこまで心配しなくて良いでしょう。

あん摩マッサージ指圧師の機能訓練指導員としての働き方

機能訓練指導員は、基本的にデイサービスでの高齢者へのマッサージやリハビリの助手となります。

あん摩マッサージ指圧師は介護保険枠での機能訓練加算が可能な為、必要とされる場合がほとんどです。

 

業務内容としては主に利用者さんへのマッサージが主になると思いますが、中には介護業務までやらされるところもあるようです。

また機能訓練と言われていますが、ほとんどが慰安的なマッサージになってしまい機能訓練どころか、機能低下を招いているところがほとんどだと思います。

 

良い施設では理学療法士や柔道整復師、作業療法士が日によって対応しているところもあり、日誌にて状況報告等おこなっているところもあります。

キャリアとしての業務経験としては整骨院での勤務と比べ、同じような症状や同じような軽めのマッサージが主体となる為、他の職場ではあまり通用する経験とはならないでしょう。

 

給料は整骨院とほとんど同じですが、ボーナスもあり、勤務時間もしっかり決まっている為、整骨院のようにダラダラ残業するということは無いと思います。

また施設利用者は年々増加傾向にある為、施設の悪い評判が出ない限り安定性はあると思います。

整骨院ですと開院・閉院の時間を合わせて12時間労働などもありますが、デイサービスなどはむしろ残業禁止で定時で帰らされるところも多いです(そのため副業をしている方も多い)。

 

機能訓練指導員の将来性については、今後介護業界が縮小するとは考えにくく、整骨院よりは安定していると言えるでしょう。

しかし施術家としての将来は広がりにくい仕事だと思います。

まとめ:あま師にとっての整骨院勤務と機能訓練指導員を比較すると…

以上をまとめると、

  • 整骨院勤務:施術家としての技術を磨き、様々な経験をしたい人
  • 機能訓練指導員:あま師としての技術を磨くより、プライベートも充実させつつ安定して働きたい人

こうなると思います。

タイトルとURLをコピーしました