柔整師の就職先整骨院と整形外科の給料・将来性・メリットを比較

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回は柔道整復師で整形外科と整骨院のどちらに就職(転職)するか迷っている方に向けて、接骨院と整形外科のそれぞれの違いについて簡単にご紹介します。

具体的には今後の将来性や安定性、お給料、業務経験の違いやメリット・デメリットについて比較します。

 

なお、整形外科勤務と整骨院勤務の詳細については、それぞれ以下の記事でご紹介しています。

詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

 

柔整師の整形外科での仕事内容、給料、就職・転職対策、求人の目安
いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。 今回は柔道整復師で整形外科への就職(転職)を考えている方に どのような理由で就職先(転職先)を整形外科にする柔整師が多いか 柔整師として整形外科では何をするか(仕事...
柔整師の整骨院での仕事内容、年収、就職・転職対策、求人の待遇の紹介
いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。 今回は柔道整復師で整骨院(接骨院)に就職・転職したい方に向けて どんな理由で整骨院に就職・転職する柔道整復師の方が多いか 整骨院での仕事内容・やりがい・大変なこと ...

スポンサードリンク

柔道整復師にとって、整形外科と整骨院の違いか(キャリア上のメリット、給料、将来性など)

整骨院と比較した時の整形外科勤務の仕事の大きな違いは、ドクターをはじめ、看護師やレントゲン技師、医療事務資格を持った受付の方など、他の医療従事者と関りがあることです。

そのため、(この注射をしているから、このリハビリは控えよう)(レントゲンを撮るからギプスを先にカットしておこう)など、他のスタッフとの連携が重要になってきます。

また、トップにはドクターがおり、我々は彼らの判断で動くということもかなりの違いです。

例えば、自分が「この患者はこの症状だから、こういう施術をしよう」と判断してもドクターが違う判断をしたらその施術はできません。

整骨院と整形外科のキャリア:開業するかどうかで違いがある

キャリアとしては、もし自分が整骨院を開院するのであれば、整骨院勤務の経験が必要です。

資格を取得している方ならご存知かと思いますが、開院し、健康保険を使った施術を行う際には、管理柔道整復師の認定が必要となり、その条件は整骨院での実務経験が義務付けられているためです。

残念ながら現在のところ、整形外科での勤務はこの実務経験には入らないため、開院を目指している方は整骨院での勤務が必須となります。

給料面の違い:安定しているのは整形外科、大きく稼げる可能性があるのは整骨院

給料面でみると、整骨院では歩合制度を取り入れているところもあるため、上手くいけば整骨院の方が稼げるケースもあります。

また雇われ院長になれば当然給料も高いですし、もし自身が開院しているなら給料は天井知らずです。

一方で年齢と共に給料が上がらない整骨院の場合、いつまでたっても年収が300万円にみたいない人も沢山います。

 

一方で整形外科勤務は、なんといってもお仕事が安定しているのが最大のメリットとしてあります。

飽和状態な整骨院に比べ整形外科の来院数はとても安定していますから、よほどのことが無い限りつぶれる心配はありません。

また整形外科は病院のため休みも多く、残業時間も整骨院に比べると少ないことが多いです。

お給料も初任給で年収300万円から、そのあと年齢と共に上がっていき、最高で500万円ほど貰えるようになります。

整形外科と整骨院の将来性の比較

整形外科の場合は、ドクターが引退を考えたら終わりです。

その時にまだ自信が若ければ、他の整形外科で同じように勤務することも可能ですが、ある程度高齢であれば雇われずらいと思います(院長より高齢ですと雇われにくい傾向にあります)。

 

整骨院の場合は競合店が多く、患者の奪い合いです。

「勝てれば天国、負ければ地獄」といったところでしょうか。

また、柔道整復師による不正請求や医療費の問題により、整骨院での保険請求がこの先さらに厳しくなる可能性が高いため、自費診療や物販など、保険以外の収入も必須になっていくことでしょう。

まとめ:開業しない限りは整形外科がおすすめ

あくまで個人的な印象ですが、

  • 将来的に開業したい方は、修行する意味で整骨院
  • 開業予定はなく、安定して整骨院より高めの給料を稼ぎたい場合は整形外科

こうなると思います。

タイトルとURLをコピーしました