【比較】柔整師は老人ホームと整形外科、どっちで働くのがおすすめ?

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回は「特別養護老人ホームで機能訓練指導員として働くか、整形外科のリハビリで働くか、どちらが良いか」というご質問に対して

  • どちらの方が勉強になるか
  • どっちの方が将来性や安定性があるか
  • お給料を比較すると、どちらの方が稼げるか

というテーマで簡単にご紹介します。

 

特別養護老人ホームで機能訓練指導員と、整形外科のリハビリで、どちらに就職(転職)するか迷っている方の参考になれば幸いです。

 

※ちなみに、それぞれの職場で実際に働いていた方にアンケートも取っています。

仕事内容・求人の待遇・就職方法など全て聞いてみました。

柔整師の機能訓練指導員への就職方法、給料、求人の探し方など【体験談】
いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。 今回は当メディア「キュアワークス」を通して、柔道整復師として機能訓練指導員の仕事をされている方にインタビューにご協力いただきました。 保険の締め付け等の問題によって、...
柔整師の整形外科での仕事内容、給料、就職方法、求人の探し方【体験談】
いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。 今回は柔道整復師として病院の整形外科で働いたことのある方にインタビューにご協力いただけましたので、この記事でご紹介します。 柔整師として整形外科に就職・転職したい方の参考にな...

 

機能訓練指導員と整形外科、比較するとどっちがおすすめ?

柔道整復師として将来的には接骨院での勤務・転職を考えている場合、老人ホームなどでの機能訓練指導員は全くキャリア的にプラスになりません。

というのも、機能訓練指導員では外傷を対応するスキルが全く積まれないためです。

 

一方、病院の整形外科であればリハビリだけでなく柔道整復師として骨折・打撲・捻挫などの外傷への対応を、仕事として求められるところが多いです。

柔道整復師としての実務をキャリアとして重ねていきたいのであれば、整形外科をお勧めいたします。

給料・年収も整形外科の方が高い

また給与に関しても、老人ホームなどの機能訓練指導員が整形外科勤務を上回ることは皆無だと思われます。

機能訓練指導員の給料は規模の小さな整骨院程度で、基本的に年収は高くても300万円程度です。

一方の整形外科は新卒でも年収300万円から、勤めていくうちに年収500万円も狙えます。

 

いずれにしても言えることは、老人ホームなどにおける機能訓練指導員は、柔道整復師でなければ出来ない仕事というわけではありません。

すなわち、仕事に対する資格のレアリティがないのです。

あんま・マッサージ師などでも出来ますし、理学療法士・作業療法士でもできる仕事です。

将来性は整形外科も機能訓練指導員も〇

ちなみに将来性や安定性については、老人ホームも病院も特に心配はいりません。

高齢者があふれる昨今、老人ホームでの人材は常に足りていませんし、病院も整骨院と違いよっぽどの限りは潰れることはありませんから。

 

以上をまとめると、条件を比較する上では病院の整形外科でリハビリのお仕事をされる方が良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました