夜勤求人が出ている柔道整復師の働き方【社員・アルバイト】

柔道整復師の中には、

  • 副業でアルバイトとして、夜の空いている時間もお仕事をしたかったり
  • そもそも夜勤のあるところへ就職したかったり

する方も多いと思います。

 

この記事では柔道整復師の資格を使う(もしくは関連する)夜勤のお仕事についてご紹介します。

スポンサードリンク

柔道整復師の夜勤のアルバイトには、どんな仕事先がある?

柔道整復師の資格を活かせる職場としては、接骨院・整骨院、介護・デイサービス、整形外科などがあります。

しかし夜中まで営業している治療院は基本的になく、介護の現場も柔整師は日勤の機能訓練指導員としての求人しかありません。

もしアルバイトとして柔道整復師が夜勤をしたい場合は、マッサージがメインとなるでしょう。

 

求人としては、リラクゼーションサロン、マッサージ屋、温泉施設のリラクゼーションルームなどが挙げられます。

施設内で働く場合は、夜勤と言えるのか微妙なところですが夜中の1〜2時までの勤務となります。

アルバイトとして働く場合は時給1000円程度(深夜手当てで25%増しになるはずです)で、そこに指名料やインセンティブがつく形が多いです。

 

一方で夜中〜朝方まである求人は、「出張マッサージ」があります。

依頼のあったお客様のご自宅、もしくはホテルまで訪問してマッサージする形になります。

 

またホテル内で依頼があるまで待機するという働き方もあります。

業務委託で「完全歩合制」をとっている求人や、アルバイトとして時給1000円(深夜で25%増しになるはずです)を保証して、プラス歩合をとっているスタイルが見られます。

完全歩合の場合は、施術料金の大体60〜70%(経験や実力による)を施術者がもらえるようになっています。

柔整師が夜勤バイトするメリット

【メリット1:経験を積める】

柔道整復師が夜勤で働くメリットとしてはまず、「実務経験を積める」ことだと思います。

特に資格をとったばかりの新人であれば、日勤の場合は先輩の施術を見て学ぶ機会が多く、実際に患者様を触るということはほとんどできないでしょう。

一方の夜勤バイトであれば、実力次第では固定客もたくさんついて、より多くの経験を積むことができます。

 

【メリット2:日勤より稼げる】

柔道整復師が日勤でバイトをする場合は1000〜1300円程度とそれほど時給は高くありません。

夜勤であれば時給も上がりますし、施術数が増えれば増えるほどインセンティブをもらえるケースもあります。

 

【メリット3:好きなタイミングで働ける】

夜勤バイトはシフト制になりますので、時間に拘束されることなく好きなタイミングで働くことができます。

柔整師が夜勤バイトするデメリット

【デメリット1:接骨院業務はできない】

夜勤バイトはマッサージが中心となりますので、柔道整復師の業である、整復や固定をするという経験は積めません。

 

【デメリット2:働ける場所が限られている】

接骨院・整骨院、介護施設、病院などであれば働ける場所の選択肢が多いですが、夜勤となると求人が少なく、働ける場所が限られているのがデメリットとしてあります。

 

【デメリット3:歩合制になることが多いので、すぐには稼げない】

夜勤では歩合制になっていることが多く、うまくいけば短時間で大きく稼ぐことはできます。

しかし、一方では固定客が着かなければ、それほど稼ぐことができなくなるのです。

頑張れば頑張るほど給与は増やせますが、実力社会になるので厳しい面もあるでしょう。

トータルで見ると、実務経験を積みながら短時間で稼ぎたいという方に夜勤バイトは向いていると思います。

柔道整復師で社員として夜勤がある仕事先

初めにもご紹介しましたが、一部の働き先では社員であれば夜勤勤務ができるところがあります。

ここでは代表的な介護施設と病院についてご紹介します。

介護施設で夜勤をするメリット・デメリット

柔道整復師の資格を持ちながら、ショートステイ等で機能訓練指導員として働くことが出来ます。

夜勤の仕事内容としては夕方5時に出勤し、前時間帯のスタッフからの引き継ぎを受けた後、

  • ご利用者様への食事の準備や食前薬の確認、
  • 食事量のチェック、
  • 口腔ケア、身体機能的に着替えが難しい方の着替えの介助、
  • 身体機能的に歩行が困難な方のオムツ交換、
  • 身体機能的に歩行はできても動作不安定な方へのトイレ誘導、
  • 夜勤帯のご利用者様の記録の入力、
  • 早朝はご利用者様の起床のお手伝いやバイタルチェック、
  • 食事の準備

等を行います。

 

夜勤は日勤と違い、ご利用者様へ比較的ゆっくり接する機会がありますので、ご利用者様の話に傾聴したり談笑する機会が比較的多いです。

そのお陰で自分をひいきして頂ける方ができたり、信頼関係も築きやすくなります。

また、ご利用者様の就寝時間帯に日勤でできなかった仕事を片付けることもできますし、仕事に対しての色々なアイデアが浮かんできたりと考える時間があるというメリットがあります。

 

しかし基本的にスタッフは一人なので、複数のご利用者様からのコールでご利用者様を待たせてしまう事もあります。

また夜間に不穏になるご利用者様おり、怒鳴ったり帰ろうとされたり、対応に苦慮することもあるのがデメリットとしてあります。

病院のリハビリテーション科で夜勤をするメリット・デメリット

柔道整復師の資格をお持ちなら、リハビリのお仕事をすることが出来ます。

仕事内容としては(主に交通事故で)急患ではこばれて来た患者さんの骨の整復術、コミニケートケア、リハビリの準備、その他レントゲン、CTの準備等になります。

 

夜勤で待機する場合、二交代勤務なので勤務時間は午後8時~翌朝9時までになりますが、良くも悪くも患者さんが来ず全く何もない日も多いです。

要は暇すぎて退屈なのが最大のデメリットです。

メリットとしては、やはり時給が高い事と、当直医の先生がいつも居るので心強いことがあります。

タイトルとURLをコピーしました