柔整師が整骨院を閉院する目安とメリット、おすすめの再就職先

柔道整復師=自分のお店を持つ!

これが一昔前の常識でしたが、最近は様々なことが原因で一度開けた治療院を閉めて、雇われに戻る方も多いです。

 

ただし、雇われに戻る=負け、恥ずかしい事では全くありません。

弊社でも何名の方にも話を聞きましたが、「こんなことならもっと早く雇われに戻っていればよかった」と話す方が本当に多いです。

一度開業した経験のある柔整師はグループ院などでかなり重宝されるので、この記事が何かのきっかけになれば幸いです。

スポンサードリンク

一度開いた整骨院を閉める(閉院する)目安は?

開業するのにも資金が必要ですが、院を閉める場合にも資金が必要となってきます。

壁や床の張替え、鍵の交換、外装工事といった建物の原状回復費はもちろん、院を閉めると決めてからも3ヶ月程度は家賃を支払い続きける必要もあります。

 

建物の大きさや家賃にもよりますが、100万円かそれ以上はかかることが想定されます。

よって、お金が底を尽きてから閉院を決めるのでは遅いのです。

赤字が続いて今後とも売り上げ増加が見込めないのであれば、閉院に必要な費用が払えなくなる前に、院を閉める判断をする必要があると言えます。

 

取材をした柔整師は「平均来院数が確実に赤字になる月が1年続いたら閉院をする」と言っている方が多く、その通り閉院した人もいます。

アルバイトなど副業をおこなえば、やっていける程度かもしれませんが、いっそ潰してしまって新たに始めたほうが効率がいいと考えるためです。

 

昔のように少しでも上手く行かないと考えているなら、借金が膨らむ前に一度潰してしまったほうが、あとあと痛手を負わなくて済みます。

とくに雇われに戻る場合はいつ仕事が決まるかわかりませんから、潰すかどうか迷っている段階でも現状採用されるのかどうかエージェントに登録して求人だけでも見ておくと、だいぶ気が楽になると思います。

独立開業した経験のある柔道整復師が、再び雇われに戻るメリット

まず院を閉めるか迷っている段階で、月々の売り上げは安定しておらず、辛い思いをされていると思います。

一方で雇われに戻れば安定した給料を貰えますし、後の事は置いておいて、ひとまず生活を立て直すことが出来るのが最大のメリットです。

多少面倒にはなるかもしれませんが、今ここで一度雇われに戻って生活を安定させてから、再度開業したっていいわけですから。

グループ院は”院長経験者”を血眼になって探している

また、実はメリットがあるのは私たち閉院する柔道整復師の側だけではありません。

雇う側(会社、院)にも大きなメリットをもたらします。

 

というのもグループ展開をしている院では、新しい院をオープンさせるためには、新しく分院長を育てる必要があります。

施術のスキルだけではなく、レセプト作業、スタッフ教育、クレーム対応、予算計画の立案など特別な教育が必要となってくるのです。

 

しかし、開業して自分で院の運営を経験している柔道整復師であれば、これまでの院長経験を生かして、分院長として院の運営を任せることができます。

また、これまでの経験と知識を、院内(会社内)にいる将来的に開業を目指している柔道整復師のために活用することもできます。

そのようなこともあって開業経験のある柔整師はかなり需要がありますし、グループ院などでは、そのまま結構高給で雇ってもらえることもあります。

個人で整骨院をやるよりも、グループ院で雇われることの方が給料が高いことはよくある事ですから。

 

柔道整復師が安定した収入を得られること、経験、知識を職場に還元できることなどが、雇われに戻るメリットとなるでしょう。

整骨院を閉めた後の柔整師、再就職先はどういった職場がオススメか?

ここまで何度か触れたように、再就職先は多店舗を経営しているグループ院がオススメです。

一度は一般スタッフとして雇われるかもしれませんが、経験と知識がありますので、早い段階で分院長を任される可能性が高いです。

そうなると給与面で通常のスタッフよりは待遇がよくなります。

※ちなみに雇われ院長の年収は基本給保障(40万円~)+歩合制(30%など)が多く、最低でも年収500万円から、グループ院では1000万円以上稼いでいる人もいます。

 

もしくは開業した経験を買われて、役員として新店舗を出す際の物件探しや開業準備の業務を任されるかもしれません。

治療技術はもちろん、今までの開業経験を生かせる職場となるでしょう。

 

または管理柔整師として求人を出している院に応募するのもいいかもしれません。

院長経験がありますので採用もされやすいでしょうし、30万円〜40万円台の求人も見られますので、給与面で有利といえます。

おわりに

柔道整復師にとって、自分の整骨院を持つというのは一つの道であることに間違いはありません。

ただし、このままズルズルと辛い思いを続けるくらいなら、一度すべてリセットして雇われに戻る方法もあるでしょう。

 

ひとまず安定した給与を貰って今後の生活をじっくり考え、余裕が出てきたときに再び開業しても構いません。

またこれまでの経験を生かして、広い気持ちで下の人を育てていってあげるのも楽しいものです。

 

特にグループ院は最低でも年収500万円、頑張り次第では1000万円以上稼げる場所をあなたのために用意してくれています。

当メディアとしては、一度ゆっくりしてみるのも良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました