柔道整復師のリハビリの仕事内容、給料、転職・就職対策、求人

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

本日は柔道整復師でリハビリのお仕事に就職・転職したい方に向けて

  • どのような理由で柔道整復師の資格を使うリハビリの仕事を選ぶ方が多いか
  • リハビリテーションの仕事内容・やりがい・大変なこと
  • 就職した後の、職場での技術や知識の習得方法
  • 柔道整復師にとってのリハビリの将来性・安定性
  • 柔道整復師がリハビリテーション科で働くには、どのような知識や資格、経験が必要か
  • リハビリは20代、30代、40代、50代、60代、それぞれの年代で未経験で働き始められる仕事先か
  • 柔整師のリハビリ勤務の初任給、20代、30代、40代、50代、60代それぞれの年齢別の平均的な給料や年収、ボーナスなど
  • リハビリ勤務で年収をアップする方法
  • リハビリの勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険
  • リハビリで出会いはあるか
  • 柔道整復師むけのリハビリの求人は多いか
  • 柔整師がリハビリをしたい場合、履歴書の自己PRや志望動機は何を書けば良いか
  • 面接での質問と回答、逆質問は何を聞けばいいか

についてご紹介します。

 

実際に柔道整復師でリハビリのお仕事をしたことがある方のアンケートを主に作成しました。

ぜひ参考にしてください。

 

※整骨院でもリハビリ業務はありますが、待遇などは整骨院勤務と変わらないため、この記事では主に整形外科でのリハビリ業務についてご紹介します。

柔道整復師の整骨院での働き方については、以下の記事をお読みください。

リンク

スポンサードリンク

どのような理由でリハビリの仕事に就職・転職される柔道整復師が多いか

柔道整復師でリハビリに就職・転職される方は、

  • 整骨院では将来性や安定性、待遇に不安があった
  • スポーツ選手のリハビリを行うことができるから
  • 学生の頃に運動部に所属していて、怪我をしたときにお世話になった
  • 痛みを感じた方の力になりたいと思った
  • 外傷患者の治療法や骨折、脱臼の整復やその後のリハビリを学びたかった
  • 週休二日で残業も少ない職場が良かった

という理由が多いです。

 

他にも「おばあちゃんが高齢になってから、リハビリに苦労している様子をずっと見てきて、お年寄りのリハビリをする仕事をしてみたいと考えるようになった」という方もいました。

柔道整復師のリハビリの仕事内容と、してはいけない事

柔道整復師のお仕事としては、骨折・脱臼・捻挫・打撲などをした人のアフターフォローや、ギプスなど固定の製作、これら外傷のリハビリ、可動域改善、自宅での運動指導などをします。

また、肩こりのマッサージ、電気療法の付け外しなど、柔道整復師としての一般的な業務を行います。

 

さらにドクターが撮るレントゲン写真のサポートや、読影など行います。

他にもスポーツ整形の場合は、運動している人のコンディショニング、スポーツ現場での応急処置も仕事内容に含まれます。

 

柔道整復師がリハビリをするうえでしてはいけない事ですが、治療前後での評価は医師ではないので行ってはならないと法律で定められています。

また柔道整復師の資格範囲以外の注射や、レントゲン写真の撮影などは出来ません。

柔道整復師のリハビリのお仕事のやりがい・大変なこと

リハビリのお仕事のやりがいとしては、

  • 患者さんが良くなる過程を見て、笑顔になっていただけること
  • 患者様の表情を間近で見れること
  • アスリートと共に喜びや悲しみを共感できること
  • 多くの人に夢を与えられるアスリートから感謝される職業であるということ
  • 骨折患者の整復をして、その後レントゲン写真で確認した時に骨折端がきれいに揃っている時
  • リハビリをすることで回復していく患者さんの様子を、リハビリ開始からリハビリ終了までずっとみ続けられること

と答える方がいらっしゃいました。

 

一方で大変なこととしては

  • 毎日、自問自答しながら、もっとどうすれば良い治療が出来るか、患者さんの為に何が出来るか、考えればキリが無いこと
  • 辛いと分かっていてもハードなリハビリを提供しないといけないところ
  • 患者来院数が多いく、一人一人の名前と症状、リハビリ内容を覚えるのが大変
  • 患者さんが認知症を患っているなどして、患者さんとの意思疎通がうまくいかないことがある

という方が多いです。

就職した後の、職場でのスキルアップや知識の習得方法

就職してからは、いろいろな症例の人のリハビリを通じて実務経験を積むのが基本です。

 

また新しい技術や、治療法、薬などはどんどん出てくるため、ご自身で勉強し続ける必要があります。

本での習得や、たまに時間のある時はセミナーなどに出向き、技術の習得に努める事もあります。

また院長のドクターに自分が何をしたいか(外傷を診たい、整復、固定をしたい等)を伝えると、そのお仕事に積極的に取り組ませてくれる事もあります。

柔道整復師にとってのリハビリ勤務の将来性・安定性

日本では急激な少子高齢化が進んでいるため、リハビリ施設の利用者は増える可能性が高いです。

しかも、あと数年経てば、団塊の世代が後期高齢者となりますので、リハビリ施設利用者ももっと多くなるのではないでしょうか。

現在すでに柔道整復師は不足していますが、今後も柔道整復師の需要は高いと思います。

柔道整復師がリハビリに就職・転職するために必要な経験・知識

採用自体は、柔道整復師であれば勉強したいという気持ちがあれば特に問題なく就職・転職できます。

特に大きな病院などでは研修システムが充実しているので、ペーパー柔整師でも就職しやすいです。

 

ただし入った後に解剖学、運動学、病理学が役立つので、余裕があるのであれば予め勉強しておいた方が良いです。

教科書と臨床は全く違い、教科書通りの骨折は、ほぼありません。

身体の機能解剖、我々の業務範囲内かの判断のための病理学は必須です。

柔道整復師が未経験でリハビリに就職・転職できる年齢

体を動かす体力勝負の仕事ですので、比較的若い世代の方が就職は有利です。

20歳代、30歳代、40歳代の人の需要が高いです。

しかし体力的に問題がなければ、60歳代でも働けることがあります。

リハビリの初任給、20代、30代、40代、50代、60代それぞれの年齢別の平均的な給料

こちらは職場にもよりますが、イメージとしては

  • 20歳代:年収:260万円:月給:18万円:ボーナス:72万円
  • 30歳代:年収:400万円:月給:28万円:ボーナス:113万円
  • 40歳代:年収:500万円:月給:32万円:ボーナス:130万円
  • 50歳代:年収:600万円:月給:39万円:ボーナス:155万円
  • 60歳代:年収:500万円:月給:26万円:ボーナス:105万円

を一つの目安にしてください。

整骨院勤務と違い、基本的には年齢と共に給与や年収は上がっていき、ボーナスが出るところが多いです。

整形外科のリハビリで給与をアップする方法

整骨院と違い、整形外科では指名されて歩合で給料が上がるという事は基本的にはありません(その代わりに年齢と共に上がっていきますが)。

ただし患者から指名されるようになると、院長の耳にも入り、給料が上がります。

そのうち信頼されて、主任に任命されて手当が付きます(月15000円程度ですが)。

リハビリの勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険

職場にもよりますが、平均的な整形外科ですと

  • 勤務時間:午前9:00〜13:00、午後15:00〜19:00
  • 残業は午前午後平均30分〜1時間程
  • ノルマ無し
  • 完全週休二日制(平日含む)(+土曜は13:00までのための実質週2.5日休みのところもある)
  • 主任手当
  • 医師国保加入
  • 有給有り(取りやすい雰囲気)

これくらいをイメージしてください。

リハビリ勤務に出会いはある?

看護師や介護士などは女性比率も高いので、出会いも比較的多いです。

柔道整復師のリハビリ求人は多い?

最近はリハビリテーション病院なども増加の傾向ですので、今後も柔道整復師の需要は高いことが予想されます。

求人も整骨院に比べると少ないですが、求人自体はあります。

柔道整復師がリハビリテーションに就職・転職したい場合、履歴書の自己PRや志望動機は何を書けば良い?

自己PRでは、自分のやりたい事や、目標を明確にする事が大切です。

  • 自分がなぜその仕事をやりたいと思ったのか
  • この資格を持っている事で、リハビリを通して患者さんの為にどんな事が出来るのか

といった事を書きましょう。

 

例えば

「身体を動かす事が好きなので、その経験をリハビリに取り入れ活かすことが出来ます。」

「柔道整復師の資格を活かし、骨折や脱臼の治療がしたく、こちらで働きたいと思い応募しました。また、朝こちらの院の前を通ると多くの患者さんが並んでいたので、私もここで働いて少しでも患者さんを笑顔に変えたいと思ったのも志望動機の一つです。」

などです。

ただしリハビリの仕方や、手技の仕方の”こだわり”はアピールしないほうが良いかも

人によってはリハビリの仕方や、手技の仕方などをアピールしたくなるかもしれませんが、職場によっては統一して同じマッサージやリハビリの仕方を行っているところもあるため、こだわりが強過ぎると少し毛嫌いされるかもしれません。

スポーツ整体の自己PR、志望動機

スポーツ整形の場合は

  • アスリートに寄り添うことができる
  • 親身になってリハビリを行うことができる
  • 人間として相手の気持ちにたって物事を考えられる

など、人間力やコミュニケーション能力を多く求められることが多いです。

 

その上で、今までの経験や知識などを問われることがあります。

仕事に対する情熱などを熱く語る必要があり、実際にどれだけ本気なのかを相手に理解してもらえるかが鍵になるかと思います。

要は熱心さや、やる気次第ということです。

柔整師のリハビリでの面接・質問内容は?

今回、柔道整復師を採用する立場にいる方にもインタビューをしましたが、面接では質問内容の答えよりも、はっきりした声で答えられるか、面接時に何回くらい笑顔を見せるかを基準に採用することが多いとのことでした。

というのも、柔道整復師のお仕事は経験や知識も大切ですが、患者さんとコミュニケーションの方が重要です。

コミュニケーションの中で初めて、その人物の体の特徴や動き、生活の癖、持病などの患者情報を知ることがあるためです。

ですので回答内容に関する面接の練習に加えて、受け答えの練習もしておきましょう。

 

その上で面接でよく聞かれる質問としては、まず「なぜこの職場を選んだか」です。

自分がなぜそこを志し応募したのか、就職した後はどうしていきたいのか自分のプランニングなどについて話をしていく必要があります。

その職場でどのようなことが出来るのかを事前にリサーチし、自分のやりたいことなどとリンクさせるような答えをする必要があります。

 

加えて転職の場合は「なぜ、前職を辞めたのか?」という事も聞かれることが多いです。

少し答えづらい質問でしたが、正直に答えて採用されている方も多いです。

例えば「人間として尊敬出来ない先輩と働く事が無理だと思い、3年間は我慢しましたが、これ以上は無理だと思い辞めようと思った」と答えて整形外科のリハビリに採用されている方もいます。

 

整骨院の中にはブラックな職場がある事は、柔道整復師にかかわりのある方でしたら結構知っていますし、同乗してくれる事もあります。

嘘をついたり、変に取り繕うと、返ってボロが出るので、何でも聞かれた事には、失礼のない範囲で、正直に答えましょう。

面接の逆質問では何を聞けばいい?

逆質問とは、面接の最後に面接官の方から「最後に何か質問はありますか?」と聞かれるもので、一般企業ですと、ここで賢い質問をしないと落とされるケースもあります。

ただ整形外科では単純に何か聞き漏らしたことがないかを質問しているだけなので、素直に気になる事を聞きましょう。

 

例えば

  • 給料などの待遇面について
  • 残業について
  • 有給について
  • 職場の環境
  • 働いているメンバー
  • 必要になってくる資格などがあるか
  • 勉強会などに出席する際に、会社から会費や交通費などを出してもらえるか

などなど。

 

ただ給与や休みについての待遇面ばかりを聞いていると、目的がそちらなとかと思われるため、仕事内容や患者さんのことについての質問をするのがいいかと思います。

仕事への熱心さのアピールになります。

タイトルとURLをコピーしました