柔整師の整形外科での仕事内容、給料、就職・転職対策、求人の目安

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回は柔道整復師で整形外科への就職(転職)を考えている方に

  • どのような理由で就職先(転職先)を整形外科にする柔整師が多いか
  • 柔整師として整形外科では何をするか(仕事内容・やりがい・大変なこと)
  • (リハビリ室で働かれている場合は)一日何人くらい来院し、一日何人で対応し、一日何人くらい担当するか
  • 就職した後の、職場での技術や知識の習得方法
  • 柔道整復師にとっての整形外科勤務の将来性・安定性
  • 柔道整復師が整形外科に就職(転職)するために必要な知識や経験
  • 未経験の柔整師が整形外科で働くのに年齢制限はあるか
  • 初任給、20代、30代、40代、50代、60代それぞれの年齢別の平均的な給料
  • 柔整師が整形外科で年収をアップする方法
  • 勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険
  • 整形外科に出会いはあるか、結婚できるか
  • 柔道整復師向けの整形外科の求人は多いかどうか
  • 柔整師が整形外科を受ける際、履歴書の自己PRや志望動機は何を書けば良いか
  • 面接の質問内容と回答
  • 逆質問では何を聞けばいいか

といったことに加えて、

  • 整形外科のお医者さんは、正直柔整師にどんな印象を持っているか
  • 整形外科医と柔道整復師が良い関係で関わっていくにはどのようにすれば良いか

についてもご紹介します。

スポンサードリンク

どんな理由で就職先(転職先)を整形外科にする柔道整復師が多いか

柔道整復師の就職先として最もメジャーなのが、整骨院だと思います。

そんな中、整形外科に就職(転職)する理由としては

  • 個人経営の整骨院の数が増加して、競争が激化している中、個人経営で柔道整体師として働いても成功しないと思ったから
  • 大きな病院の中にある整形外科であれば、経営母体がしっかりとしていて、安定して働けると思ったから
  • 整骨院に比べ、骨折、脱臼、捻挫などの患者が多く、整復、固定、リハビリなど経験することができると思ったから
  • レントゲン写真や注射、薬剤など整骨院では学ぶことができない知識も身につくと思ったから

といった理由が多いです。

柔道整復師の整形外科での仕事内容と禁止事項

整形外科での柔道整復師の仕事のほとんどは、リハビリテーションという機能訓練です。

リハビリの指示箋には大まかな物理療法の内容が記載されているので、指示に沿った内容で施術します。

骨折、脱臼の整復操作、骨折、脱臼、捻挫や肉離れ患者への固定やリハビリ、四十肩患者などのマッサージや可動域訓練など。肩凝りなど慢性疾患に対する施術。

 

その他、電気療法の取り付け取り外しなどの柔道整復師としての一般業務を行います。

また時には医療的介助やレントゲンのセッティング、ギプス生成などを行うこともあります。

大きな病院の整形外科の場合は、医師や看護師などと連携して業務をします。

 

一方で柔道整復師が整形外科でしてはいけない事として、まず薬物投与などの権限がありません。

レントゲンも医師の指示がないと取ることはできません。

そして骨折、脱臼の治療も単独では行うことができません。

病院のリハビリですので、自己判断での行動は慎まなければなりません。

柔整師にとっての整形外科での仕事のやりがい・大変なこと

柔道整復師の仕事は医師や看護師などと連携して行いますので、チームプレイの効果が現れた時に大きな喜びを感じます。

しかし最大の魅力は、患者さんが機能回復していく様子を見守れることです。

 

たとえば、階段を登れない患者が階段を登れるようになるなどの、課題をクリアしていく時には、患者の喜びを自分の喜びのように感じられます。

また、そんな場合には、患者から直接感謝の言葉をもらえることも、毎日の業務の励みになります。

他にも骨折や脱臼患者の整復操作や、ギプス固定がうまくいった時の喜びは言葉では表せないです。

 

一方で整形外科勤務で大変なことは、来院患者数が多いため、一日中バタバタ動き回っていることです。

また、たまにどうしても症状の改善が見られない患者さんや、無理難題を押し付けてくる患者さんなどをみると大変だなと思いますが、基本的にはやりがいを感じる仕事です。

(リハビリ室で働かれている場合は)一日何人くらい来院し、柔整師側は何名で対応し、何人くらい担当するか

こちらは各整形外科の規模によって全く違いますが、1日平均300名程度来院する規模でスタッフ数3人で相手をします。

そのうちマッサージなどの手技を行うのは60名ほどなので、一人当たり16人程度マッサージを行います。

整形外科のお医者さんは、柔道整復師の事をどう思っている?

率直に言うと、柔道整復師を信頼しているドクター、柔道整復師を全く信頼していないドクターの二極に分かれるという印象です。

柔道整復師を信頼してくれているドクターは、自身の整形外科でリハビリスタッフとして雇っているケースや、柔道整復専門学校の教員をやっているケースなど、柔整師が身近にいる場合が多く、我々の仕事を理解しています。

しかし、肩こりや、慢性疾患などで保険請求するような柔道整復師を信頼していないドクターも多くいることは事実です。

整形外科医と柔道整復師が良い関係で関わっていくコツ

自分の守備範囲をしっかりと把握することです。

誤って、看護師や医師などの守備範囲に手を出したり意見したりすると、良好な人間関係が築けません。

 

また柔道整復師を雇う整形外科は、ドクターが柔道整復師を信頼してくれていることがほとんどです。

その信頼を裏切らず、自分の業務を全うすれば良い関係で関われると思います。

就職した後の、職場でのスキルアップや知識の習得方法

整形外科にて柔道整体師がスキルアップする手法は、とにかく実践を積むことです。

積極的に整復や固定の業務に関わり数をこなせば自然と身につきますし、働き始めた当初はOJTという形で研修を受けながら経験を積むことになります。

また昼休みなどを利用し、レントゲン写真の読影の練習なども出来ます。

 

その他、先輩などから直接「こういったケースにはこういう治療をしていく」ということを、自分の体や先輩の体をお借りして練習していきます。

知識については自分の興味のある分野の本を図書館で借りるなどして勉強しています。

整形外科で働く柔道整復師の将来性・安定性

近年、数が激増している整骨院や接骨院に比べると、整形外科は患者数も多く、収入面も安定しています。

特に総合病院の整形外科は経営母体がしっかりしていて、将来にわたり安心して働ける環境でしょう。

整形外科の柔道整復師は全国的に不足の傾向ですので、リストラされてしまうことも考えづらいです。

柔道整復師が整形外科で働くために必要な資格や経験、知識

資格は柔道整復師の資格のみで問題なく、資格を持っていれば未経験者でも研修を受けながら働けます(整形外科によってはみなしPTなどの資格を取得させてくれるところもあります)。

ただ知識として解剖学、運動学、病理学などは復習しておくと良いでしょう。

 

また勉強に関しては学校の授業で十分間に合うと思いますが、人と接するお仕事になるので、コミュニケーション能力を身につけておかないと就職した後も苦労することになると思います。

未経験の柔整師が整形外科に就職(転職)するのに年齢制限はあるか

その整形外科の院長の年齢による場合が多く、「自分より歳上は雇いづらい」というところが多いです。

院長が年配の場合、40代・50代でも就職(転職)できるケースは多いですが、体力の問題もあるため20代30代が有利なことには違いありません。

整形外科勤務の柔整師の平均月収・平均年収・ボーナス

柔道整復師の整形外科の給料やボーナスは、病院によって違います。

ただ一つの目安としては、以下のような給料になります。

  • 20代:月収は17万円程度で、ボーナスは68万円、平均年収は250万円程度
  • 30代:月収は24万円程度でボーナスは98万円、平均年収は350万円
  • 40代:月収が28万円でボーナスが114万円、年収は400万円程度
  • 50代:月収が34万円、ボーナスが136万円、平均年収は500万円
  • 60代:月収は23万円、ボーナスが92万円、年収は400万円程度

 

整骨院勤務と違い整形外科は、基本給が高く、しかも年齢と共に上がっていくというメリットがあります。

柔整師が整形外科で年収アップする方法

まず整形外科では整骨院勤務と違い、基本的には年齢と共に自然と年収もアップします。

ですので何もしなくても給与は上がっていきますが、それ以外にも整形外科の職場によっては固定給ではなく歩合性を採用しているところもあるので、そういう職場で患者さんから指名されると年収がアップすることもあります。

また信頼や経験によっては、主任手当などがつくことがあります。

柔整師の整形外科の求人の待遇・条件

柔道整復師むけの整形外科求人の勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険なども、職場によって違います。

ここではインタビューにご協力いただいた方の職場を、そのままご紹介します。

Aさんの整形外科

基本的には勤務時間は1日8時間です。

残業は少ないですが、時には残業が必要なこともあります。

しかし、月間20時間を超えることはありません。

ノルマについては特にありません。

休みについては基本的には週休2日制です。

福利厚生については、各種社会保険が完備されています。

その他には、住宅手当があります。

Bさんの整形外科

勤務時間は8:00~17:00ですが、外来の患者様全員が帰るまでは帰れません。

平日に週1日休みがもらえますが、有給休暇は冠婚葬祭以外だと取りにくい雰囲気にあります。

福利厚生は雇用保険・健康保険・厚生年金・労災保険など、ひと通りついていました。

Cさんの整形外科

午前9:00〜13:00、午後15:00〜19:00まで。

残業は1日約1時間程。

ノルマは特にありませんでした。

週休二日、土曜は午後休み。

有給はスタッフの数によりますが、取れない、もしくは取りずらかったです。

手当は主任手当のみ。医師国保に加入。

 

整骨院と違い整形外科は給料が高い上、保証もしっかりしているというのが柔整師が整形外科に就職(転職)する最大のメリットでしょう。

整形外科の職場に出会いはあるか、結婚できるか

職場には女性の看護師もいますので、出会いの場はあります。

結婚年齢については28歳から32歳くらいです。

柔道整復師を募集している整形外科の求人は多いか

整骨院と比べると少なくはなりますが、求人自体は沢山出ています。

柔道整復師が整形外科を受ける際の、履歴書の自己PRと志望動機の書き方

まず整形外科で募集している職場は基本的に人員不足だと思いますので、よほど変な印象をもたれなければ問題なく採用されます。

例えば経歴や所有する資格などの他に、時間を守ることや仕事に真面目に取り組むことなど、ごく当たり前のことができることはアピールした方が良いです。

また患者さんと接するお仕事ですので、コミュニケーションを取ることが上手、話が上手というようなことを自己アピールしたほうが好印象を持たれます。

他にも整形外科のドクターはスポーツ観戦やプレーする方が多いので、身体を動かすことが好きな方はその旨を仕事と絡めてアピールすると好印象を待たれることが多いです。

 

志望動機としては、なぜ接骨院や整骨院でなく、整形外科での勤務を希望しているかを明確にした方がいいです。

例えば「整骨院に比べ圧倒的に外傷患者が多く、知識や経験を身につけることができると判断したため整形外科勤務を希望しました」などです。

整形外科で柔道整復師の面接でありがちな質問と採用される回答方法

整形外科の面接は、他の一般的な職種の面接と変わりません。

例えば学生時代のスポーツのことや、趣味、整骨院での勤務経験の有無、通勤手段などが聞かれます。

これらの質問については素直に答えていただいて良いですが、回答内容よりも何よりも大切なのは「はっきり答えること」「なるべく笑顔でいること」です。

整形外科勤務時に私も新人採用の面接を行ったことがありますが、患者さんとのコミュニケーションが重要な仕事のため、経験やスキルなど質問内容の答えよりも、はっきり答えているか、声が小さくないか、面接時に笑顔を見せるか、性格は暗くないかなどを見ることが多かったです。

 

他にも面接では面接では主に勤務条件の確認や、どうしてその病院を選んだのか、理学療法士や作業療法士ともうまくやっていけるのか等を聞かれます。

整形外科では他の資格をお持ちの方とも連携して進めていきますので、柔道整復師の資格を持っている自分が院内でどういった役割を持っているか理解している事、他の人と協力することが出来ることをアピールしてください。

面接の逆質問は何を聞けばいい?

逆質問とは面接の最後に、面接担当者から「最後に聞きたいことはありますか?」と質問されることです。

一般企業の場合は気の利いた質問をしないといけないのですが、整形外科の面接は単純に聞き漏らしたことがないか確認しているだけですので、素直に聞きたいことを聞いてください。

 

例えば

  • 整形外科にて働く際に重要な心がけは何か
  • 内定をもらった時に何を準備すべきなのか(新卒の柔道整復師で整形外科で働く場合)
  • 休日や給与のこと
  • 車通勤が可能か
  • この職場入ったらどんな業務内容があるのか(入ってみたら、骨折の整復や固定製作をやらせてもらえないってこともある)

等、「入社してから違った」という事が無いように聞いておいてください。

タイトルとURLをコピーしました