鍼灸マッサージ師が開業・開業以外で高収入を得る3つの方法

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回は鍼灸マッサージ師の資格をお持ちで高収入を稼ぐ方法を、開業した場合と開業しなかった場合それぞれでご紹介します。

鍼灸マッサージですと月の給与が20万円ほどの方も多いとおもいますので、これを機に転職や開業も検討してみてください。

スポンサードリンク

鍼灸マッサージ師が開業以外で高年収を稼ぐ方法

まずは開業せずに鍼灸マッサージがお金を稼げる就職先(転職先)をいくつかご紹介します。

訪問マッサージ:年収500万円以上

以前、訪問マッサージで働いていました。

業務委託の形でしたが、フルタイムで出来る方は40万以上稼いでいました。

 

仕事内容は、紹介された患者様の自宅又は介護施設等に伺って認められている部位をマッサージしたり、運動法を行い疼痛の軽減、関節可動域の拡大、筋力低下の防止を目指した施術を行います。

報酬は、患者様の自宅(又は施設)までの距離と医者から施術か必要だと認められた部位の数により変わります。

 

大体は1件につき1500円から2000円程だったと思います。

施術時間は20分か25分位がほとんどだったと思います。

患者様の症状や状態によっては肉体的にも、精神的にも大変な事も多いですが(また時間もタイトになる事が多いです)頑張りによっては高収入を得られると思います。

グループ院の鍼灸整骨院:年収600万円以上

地域差はあると思いますが、複数店舗を展開している鍼灸整骨院もまた高収入を得られます。

最初は23万円程(基本給20万円+資格手当3万円)ですが、院長等になるとマネジメント・運営業務があるので、その分の手当てがついて月の給与は50万近くの収入になります(指名料があるところもあります)。

東京や大阪、兵庫県はやはり基本的な給料が高いです。

 

仕事内容としては患者様の治療(鍼灸)・カルテ作成・レセプト作成・受付・院内の清掃・備品の管理等が主になります。

その他自費診療されている場合だと、美容鍼灸や姿勢矯正・トレーニング指導等の仕事もあります。

また、それに伴いサプリメントやコルセットなどの販売の仕事もあります。

鍼灸マッサージの専門学校教員:年収500万円以上

鍼灸マッサージの専門学校教員は、比較的安定して高収入が得られます。

教員には3種あります。

①正社員にあたる常勤教員
②時間給の講師
③医師免許などをもつ専門家

になります。

 

正社員だと年収500万円くらいスタートでボーナスも年2回でることが多いです。

講師は時間給で1日3時間の授業で10,000円くらいです。

医師免許があると1日3時間の授業で15,000円くらいになったりします。

 

教員になるには3年間専門学校や4年間大学などに通い、はり師きゅう師灸あん摩マッサージ指圧師の国家資格をとった後、教員養成科に2年間通う必要があります。

同時に学校外で個人開業することもできます。

また、自分で治療院を開業せずに、出張施術のみで鍼灸治療をすることも可能です。

鍼灸マッサージが独立した場合、どれくらいの年収を稼げる?

独立の場合、2つの方法があります。

①鍼灸・マッサージ院の開業権を利用して開業する
②専ら出張で行う

です(訪問マッサージについては、この記事の初めにご紹介した業務委託と同じです)。

 

①の開業した場合には一回の施術を3,500円として、一日平均約5人で175,00円になります。

稼働日数が20日ほどで月35万円程になります。

経費についてですが、自宅で開業する場合は家賃などはかかりません。

光熱費は1万円くらいです。

またベッドなども購入せず布団で対応しています。

 

ただし開業するにはおおむね以下の条件が必要になります。

  1. 6.6平方メートル以上の専用の部屋であること。
  2. 施術室面積の7分の1以上を外気に開放できていること。
  3. 3.3平方メートル以上の待合室をもつこと。

この他、鍼やお灸、消毒液などの費用が1万円程と鍼灸師の災害保険年間13,000円などがかかります。

 

以上により、開業した場合は平均25万円/月ほどになります。

通常は独立しても、年収300万円ほどしか稼げないわけです。

鍼灸マッサージで開業して月収50万円、年収600万円以上稼げる?

独立した場合は保険診療と自費診療をどのようにするかによりますが、完全に保険診療のみだと10/1日×1600円×25日稼働=40万円しか売上はいきません。

自費診療だと10/1日×5000円×25日稼働=125万円になり、年収1000万円以上稼ぐことも理屈上は可能です。

 

実際には保険診療と自費診療の両方をする方のほうが多いと思いますが、保険診療は書類作成等の手間がかかり、完全に自費診療にする場合は、一日10人になるまでには時間がかかると思います。

いきなり初めからは難しいので、マッサージ店などでしばらく働いて自分を指名してくれる患者様を沢山付けるか、ゴルフや野球の選手など体のケアにお金を使うことを惜しまない様な方達を患者様に付けるのがいいかと思います。

まとめ:年収500~600万円程度であれば、雇われた方がリスクも低く安定して稼げる

以上が鍼灸マッサージ師が高収入を稼ぐ方法でしたが、記事の最後の方でもご紹介したように鍼灸マッサージ師は開業しても通常は年収300万円程度の利益にしかなりません。

それでも鍼灸マッサージ師として「自分の治療院を持つ」という夢のある方や、借金などをしてリスクをとってもいいから年収1000万円以上を目指してみたい方には独立の道もありでしょう。

ただ安定して年収500万円~600万円程度稼ぎたいのであれば、わざわざリスクを取らなくても雇われとして十分達成できますよ。

タイトルとURLをコピーしました