鍼灸マッサージ師のスポーツジムでの給料、将来性、就職・転職対策

「何かしらスポーツをしている方の役に立ちたい」という理由で、鍼灸マッサージ師の資格を取られる方は、かなり多いです。

そして鍼灸マッサージ師の就けるスポーツ系の仕事としては、大きく分けて

  • スポーツ選手などのトレーナーとして働く方法
  • スポーツジムに勤務する方法

この2つがあります。

 

今回、当サイトを通じてスポーツジムで働く鍼灸マッサージ師、トレーナーとして働く鍼灸マッサージ師の両方にインタビューをすることが出来ました。

この記事ではまず、スポーツジムに勤務している鍼灸マッサージ師の方へのインタビューを公開します。

スポーツトレーナーとして働いている鍼灸マッサージ師の方へのインタビューは以下の記事をお読みください。

鍼灸マッサージ師がスポーツトレーナーになる方法、給料、就職転職対策
いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。 前回、鍼灸マッサージ師の就職先としてスポーツ系のお仕事が人気だという事についてお話し、そちらで実際にスポーツジムに勤める鍼灸マッサージ師の方のインタビューを掲載しました。 ↓...

 

なお今回はインタビューとして

  • どのようなきっかけでスポーツジムで働こうとおもったか
  • 事務での鍼灸マッサージ師としての仕事内容・やりがい・大変なこと
  • 就職した後の、職場での技術や知識の習得方法
  • 鍼灸マッサージ師にとってのスポーツジム勤務の将来性・安定性
  • 鍼灸マッサージ師がスポーツジムに就職(転職)するために必要な知識・経験
  • スポーツトレーナーをする場合、鍼灸師だけでなくあん摩マッサージ指圧師の資格も取っておいたほうが良いか
  • 未経験でスポーツジムに就職(転職)できる年齢
  • スポーツジム勤務の月収・年収
  • スポーツジムに勤めながら年収アップする方法
  • 勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険
  • スポーツジムに出会いはあるか、結婚できるか
  • 鍼灸マッサージ師向けのスポーツジムの求人は多いか
  • スポーツジムに就職(転職)したい場合、履歴書の自己PRや志望動機は何を書けば良いか
  •  面接ではどのようなことを聞かれ、どう答えると良いか

についてご紹介します。

 

※以下、そのままアンケート内容を掲載します。

スポンサードリンク

スポーツジムを就職先に選んだ理由を教えてください

中学生の時に野球をしていて、ふくらはぎを痛めた時に鍼灸の治療を始めてしていただきました。

鍼灸の先生に鍼をしていただいて、痛みが一度で取れたのが初めて鍼灸に興味を持った理由です。

高校で専属のトレーナーの方が鍼灸の資格を持っており、練習後のケアをしていただいてて、将来僕も誰かの助けになれればと鍼灸師になりました。

スポーツジムでの鍼灸マッサージ師としての仕事内容

基本的には整骨院がジムを経営していてそこでトレーニング後のケアや痛めたところの治療などをさせてもらってます。

今働いているところでは特に業務の制限などはなく、担当している人のトレーニングメニューからケアまでさせてもらっています。

お仕事のやりがい・大変なこと

やはり1番のやりがいは、お客様患者様の喜んだ顔が見れるところと感謝されるところだと思います。

1番大変なところは結果を出さないといけないところです。

 

やはり効果がないとお客様がこなくなるので、いかに短い期間で効率よく結果を出すか、また一人一人症状が同じでも必要としている治療内容が違うので、その人その人に合った治療内容を考えたり、来られる回数に応じてのトレーニングメニュー食事内容など様々なことを考えないとだめなので、そこがすごく大変だと思います。

就職した後の、職場での技術や知識の習得方法

基本的な事は先輩方から学びました。

僕は東洋医学よりも西洋医学的なアプローチで治療するので、勉強会などに通い勉強しました。

鍼灸マッサージ師にとってのスポーツジムの今後の未来

やりがいは他のお仕事よりもあると思うので、今後とも続けて行こうと思いますが、大きいお店ではないので将来的には独立できたらなとおもっています。

今後高齢化社会になると考えられるので、鍼灸の仕事はなくならないと思います。

スポーツジムに就職(転職)するために必要な知識・経験

基本的には筋肉の勉強、スポーツ外傷など勉強されてた方がいいと思います。

ペーパーの方もいられますがほとんどが整骨院や鍼灸院で勤務経験のある方です。

スポーツトレーナーをする場合、鍼灸師だけでなくあん摩マッサージ指圧師の資格も取っておいたほうが良いか

正直あんまマッサージの資格を必要と感じた事はあまりありません。

鍼灸の資格は必須であると思いますが、あんまマッサージを持っているからと言って特に優遇される事はありませんでした。

ですが往診などされるところであれば優遇されるかもしれませんね。

ジムに未経験で就職するのに年齢制限はあるか

年齢制限はありませんが、50代60代からの未経験の勤務になると、かなりしんどくなると思います。

鍼灸マッサージ師のスポーツジム勤務の給与、年収、ボーナス

僕が初めて勤務した時は半年間、週休1日、有給なし、ボーナスなしの月給12万円でした。

その後24万円の手取り19万円くらいです。年収290万円ほどになります。

スポーツジム勤務で年収をアップする方法

なかなか難しいと思います。

プロのスポーツ選手を相手にする場合はもっと高くなるとは思いますが、僕の職場の場合は担当するお客様を増やすか、物販などの売り上げを上げて歩合を取るしかありません。

スポーツジムの勤務環境、待遇、福利厚生

勤務時間は朝10時から21時で、お昼2時間休憩がいただけます。

残業は月末と勉強会がある時だけでノルマは特にはありません。

週休1日でお盆とお正月に3日休みがあります。

福利厚生は社会保険のみです。

特に手当てなどありません。

スポーツジムに出会いはあるか、結婚できるか

出会いは多いと思います。

お客様に触れる機会も多いので親密になりやすくなるんだと思います。

僕の職場のは30代で結婚されてるかたが多いと思います。

スポーツジムの求人は、他の鍼灸マッサージ師の仕事先と比べて多いと思いか

少ないと思います。

ほとんどの鍼灸師の方は整骨院や鍼灸院で働くので。

スポーツジムで働きたい場合、自己PRと志望動機は何を書けば良いか

接客業になるので人当たりの良さやコミュニケーション能力の高さ、今まで働いてきた勤務実績からこんなことができるなど、得意な治療法などを自己PRしました。

志望動機は、僕は中学校から高校まで野球をやっていて将来的にスポーツに携わる仕事をしたかったのでトレーニングジムと併設していてスポーツ外傷などが沢山みれる職場を選びました。

また勉強会の頻度など自分が成長していくにあたって色々なことが学べるので、この職場にしました。

 面接ではどのようなことを聞かれ、どう答えると良いか

面接では筆記の試験と実技試験がありました。

筆記試験は筋肉の動きのことやスポーツ外傷がメインで、あとは少し東洋医学の内容がありました。

実技試験はテーピングやマッサージ、鍼の実技試験がありました。

 

面接ではこれまでの勤務先での勤務内容、特に聞かれたのは治療方針をきかれました。

その店その店によって治療方針など特色があるので、前もって内容が分かる場合はその治療内容について勉強していれば面接は通りやすいかも知れません。

面接での逆質問は、どのようなことを聞けばいいか

(※逆質問とは、面接の最後に担当者から逆に聞きたいことは無いか聞かれることです)

僕が逆に質問したのは勉強会の頻度や治療方針など今後働いていくにあたって自分にプラスにあるこどがどうか確認しました。

 

タイトルとURLをコピーしました