鍼灸マッサージ師の整形外科での仕事、給料、転職対策、求人の待遇

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回は鍼灸マッサージ師で整形外科へ就職(転職)してみたい方に向けて、

  • どのような理由で整形外科へ就職(転職)される鍼灸マッサージ師の方が多いか
  • 整形外科での鍼灸マッサージ師の仕事内容・やりがい・大変なこと
  • 就職した後の、職場での技術や知識の習得方法
  • 鍼灸マッサージ師にとっての整形外科勤務の将来性・安定性
  • 整形外科に就職(転職)するために必要な知識・経験
  • 未経験で整形外科に就職(転職)できる年齢
  • 整形外科で年収をアップする方法
  • 勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険
  • 整形外科勤務で出会いはあるか、結婚できるか
  • 鍼灸マッサージ師の整形外科の求人は多いか
  • 整形外科の求人に応募する際、履歴書の自己PRと志望動機には何を書けば良いか
  • 面接では何を聞かれ、どう答えればいいか

についてご紹介します。

スポンサードリンク

どのような理由で整形外科に就職(転職)される鍼灸マッサージ師の方が多いか

鍼灸マッサージ師で整形外科に勤める方は

  • 利用者さんの要望は肩こり・腰痛・五十肩などが多いので、整形外科はたくさん勉強できると考えた
  • 安定した給与、職場環境、労働環境で働きたかったから
  • 整骨院よりも勤務時間が短く、医師の指示の元行える仕事のため精神的にも負担が少ないから

という理由が多いです。

整形外科での鍼灸マッサージ師のお仕事

医師の指示の元、リハビリテーション業務を行います。

外来の患者さんにはマッサージと運動指導、物理療法器具の装着をします。

入院患者さんにはマッサージ、運動指導、必要であれば可動域訓練や歩行訓練、物理療法器具の装着をします。

希望があれば自費でのマッサージも行います。

 

物理療法室勤務の場合は、医師からのオーダーに応じて仕事をします。

カルテやオーダー表が回ってきてマッサージや鍼やお灸をします。

PTのようなリハビリよりも、揉んだりマッサージをするような事が多いです。

鍼は、痛い所に関する鍼をするような仕事です。

 

ちなみに鍼灸マッサージ師として、越権行為となるため医師、看護師、薬剤師の業務内容はしてはいけません。

医療行為は特に駄目です。

整形外科勤務のやりがい・大変なこと

整形外科勤務の仕事のやりがいとしては

  • 患者さんからよくなったと言われて、自信がつくこと
  • 症状が改善し、リハビリは卒業していいと医師より言われた、と朗らかな顔で帰る患者さんの顔を見られること

等があります。

 

一方で整形外科勤務で大変なこととしては

  • 患者が上手な人の施術を受けようとするため、プレッシャーを感じる事
  • コミュニケーションを取りながらの業務となるため、信頼関係を築くのが難しい
  • リハビリが上手く進まない患者さんのモチベーション維持が大変

等があります。

就職した後の、職場での技術や知識の習得方法

就職後の職場での技術や知識の習得法としては、現場での経験はもちろんの事、先輩相手にマッサージ実技の練習をさせていただいたり、室長の技術を目で見て盗んだり、勉強会に参加するのが主となります。

他にも希望すれば、放射線技師から画像の見方も教えてもらえる事もあります。

鍼灸マッサージ師にとっての整形外科の今後の将来性・安定性

やはり病院というだけあり、他の治療院と比べるよりは将来性も安定性もあります。

後で詳しく紹介しますが、治療院に勤務するのと違い給料も年齢と共に上がりますし、ボーナスもありますし、週休もしっかり2日取れますから。

ただし鍼灸マッサージ師は整形外科では脇役なので、出世を考えると鍼灸マッサージ師は室長で打ち止めとなります。

鍼灸マッサージ師が整形外科で働くために必要な知識・経験

鍼灸マッサージの資格さえ持っていれば、未経験でも採用してもらえます。

マッサージ実技は練習できますし、勉強会も開催してもらえるので、知識は最低限解剖学、生理学、運動学、リハビリテーション概論等があれば問題ありません。

未経験で整形外科に就職(転職)できる年齢

整形外科に限っては、年齢制限は特にありません。

40代でも50代でも整形外科に就職でき、あとは実践あるのみです。

鍼灸マッサージの整形外科勤務の月収・年収

初任給は額面25万円、手取り20万円の年収300万円ほどからスタートします。

仮に新卒で入った場合、50代で年収500万円に届く病院もありますが、小さなクリニックでは月30万円に届かない事もあります。

ボーナスは給与2ヵ月分が平均です。

整形外科で年収をアップする方法

整形外科では勤続年数を増やすことが唯一、年収をアップする方法になります。

勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険

こちらはその方の職場によって大きく違うので、今回はインタビューにご協力いただいた2名の方の意見をそのままご紹介します。

Aさんの整形外科の職場

勤務時間は9時間拘束実働8時間。残業はほぼない。多くて月4時間。ノルマは当然ない。
完全週休2日制。祝日がある場合でも祝日とは別に2日休みがある。

有給休暇は取りづらいが、事前に申請しておけば取れる。取りづらい理由も部署の人数が少なく、仕事を回すのに個人の負担が増えるくらいのもの。気にしないで取れば問題ない。
病院のため福利厚生はしっかりしている。この上なくホワイトな職場である。

Bさんの整形外科の職場

勤務時間は平日9時から17時か12時から20時、土曜日が9時から13時。
残業もノルマもありません。

週2日の休みと年9回の有給休暇あり、保険は厚生年金保険料2万1000円雇用保険料12000円、保険料1万2千円の4万円手当は失業手当、けがをした時の手当てなどきちんとしています。

整形外科に出会いはあるか、結婚できるか

男性職員の場合、まれに女性の患者さんと結婚される方がいます。

一方で女性職員でも連絡先を渡されることがありますが、女性の場合はそこから発展するケースはほとんどないようです。

大体30歳前後で結婚されることが多いです。

鍼灸マッサージ師向けの整形外科の求人は多いか

他の就職先と比べると少ない傾向にあります。

鍼灸マッサージ師が整形外科で働きたい場合、履歴書の自己PRと志望動機は何を書けば良いか

病院勤務で得られるメリット(画像所見を学ぶ、リハビリテーション業務に興味がある)等をアピールすることが大切です。

学びたい姿勢を取るのが一番いいでしょう。

指導の手間が省けるため、マッサージ業務に慣れている場合はそちらもアピールポンととなります。

 

あわせて、相手の施術技術なども考えて自己㏚は記載した方が良い時もあります。

自分の興味のある施術者だったら、技術についても少し記載していた方が良いでしょう。

 

整形外科では鍼灸マッサージ師はあくまでも脇役で、私たちは医師の指示の元で業務を行い、他の資格を持った方々と協力して業務を行います。

そのため現場では、言われたことを素直にこなせる人材が最も求められます。

ですので自己PRでは、整形外科として鍼灸マッサージ師の自分の役割が何かをわかっている事、他の資格を持っている方とどのように連携していくかを書いておくと、院長側も安心して採用しやすいです。

面接でのよくある質問と回答

まずシンプルに「なぜここで働きたいのか」「以前の職場はどうだったか」という事が聞かれると思います。

これらの質問には、正直に自分の思っている事を答えれば問題ありません。

 

ただし、偏った考え方と考えられる事はダメです。

この流派でとか、誰々とかいう人がいますが、考えていても言わない方が良いでしょう。

 

また

  • 公私問わずどんな経験があって、それについてどう思ったか
  • 勉強が好きか嫌いか(新しい知識を入れる必要があるため)

といったことも聞かれやすいです。

講習など積極的に行きたい、と言うと印象が良くなると思います。

 

整形外科では、医師の指示の元で業務を行うため、自分の考えが強い人、指示に従えない人、輪を乱す人は受け入れがたく、素直な人材の方が採用されやすいです。

受け答えがスムーズでなくてもコミュニケーション能力があり、最低限礼儀と敬意を払えればほとんどの場合は合格します。

面接の逆質問では何を聞けばいい?

整形外科の面接の場合は特に深い意味は無いので、素直に気になる事を聞いてください。

もし整形外科で技術を磨きたい人は勉強する機会の有無や、他科との交流について聞いておくのがオススメです。

医師や他科(薬局、放射線科等)に質問する機会があるのとないのとでは知識に雲泥の差が生まれますし、医療はチームで行うもののため、他科に気軽に質問できる職場の方が働きやすい職場になるのは間違いありませんから。

タイトルとURLをコピーしました