鍼灸マッサージ師の接骨院への就職方法、給与、求人の待遇【体験談】

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回、鍼灸マッサージ師として整骨院(接骨院)でお仕事をされていた方にインタビューにご協力いただけましたので、この記事でご紹介します。

今、鍼灸マッサージ師として整骨院に就職(転職)されたい方の参考になれば幸いです。

 

※以下、インタビューをそのまま掲載します。

鍼灸マッサージ師として整骨院を選んだ理由を教えてください

専門学校の求人案内の掲示板に張り出されていてそこから選択して求人担当の学校の職員の方の話を聞いて決めました。
・就職先の給料の額が高かったこと
・福利厚生が充実していたこと
・会社の寮があって住み込みで働くことが出来ること

鍼灸師の資格を取得した時点で、その資格が活かせる仕事だと思ったので整骨院での仕事を選びました。
いきなり開業をするということではなく、まずは、鍼灸という仕事をしてから開業をしたいと思い、職場を選んだのもあります。

鍼灸マッサージ師としての接骨院での仕事内容・禁止事項を教えてください

鍼灸師としての業務は
・患者さんへの鍼灸治療
・患者さんへのマッサージ治療
・柔道整復師さんの治療補助
・鍼灸の保険取り扱いにおけるレセプト作業

 

鍼灸師としてしてはいけないことは
・会社で行っている治療以外の鍼灸治療が出来ない基本は局所への治療のみ

 

来院される患者様に鍼灸施術を行う仕事です。

それにより、患者様の痛みを和らげたり、痛みを楽にする仕事です。

 

鍼灸マッサージ師としてしてはいけない業務はありませんが、柔整師さんのする仕事と鍼灸師のする仕事内容は違うので、鍼灸師にできない業務は柔整師さんにお任せしていました。

お仕事のやりがい・大変なことを教えてください

やりがいは
・お客様とのコミュニケーションの取り方を学べることやたくさんのお客さんに鍼灸治療を行えること。
・多くのお客さんを治療しないといけないので短時間で効果を出せる治療技術を学べたこと

 

大変なこと
・鍼灸治療だけでなくマッサージを数多くの人数こなさなくてはならないこと
・営業時間外でレセプト作業や会社のブログを書いたりするのと治療以外のお仕事があること
・拘束時間が長い
・昼休憩が長い
・実質週休2日だが休みの日は勉強会、講習会、会議などあって休みはほぼないこと

鍼やお灸を施すことにより患者様に喜んでもらえるということが一番のやりがいです。
「痛みが楽になった」と言ってもらえることが何より嬉しいです。

 

直接患者様と向き合う仕事なので、ダイレクトに反応がわかるという点で、特別な仕事だと思います。
痛みが楽になる人もいれば、楽にならない場合もあり、そのときに、どのように患者様に施術してあげるのがよいのかを真剣に考えていかなければならないときもあり、その面では、時に苦しいときもあります。

就職した後の、職場での技術や知識の習得方法を教えてください。

会社内で定期的に開催している社内のスタッフが講師を務める勉強会。
外部からくる講師を呼んで行う治療技術の勉強会

先輩のしていることをまねることが一番です。
技術は見て盗む。気になることはメモにとる、文献や本などで調べる。

 

又わからないことを、たずねることも重要です。

技術の面は、実践していかないと上達しないので、色々な人に鍼灸をさせてもらうことも習得のコツです。

鍼灸マッサージ師にとっての接骨院の将来性・安定性をどう思いますか?

私が勤務したところは給与安定的に出て技術や会社が行う昇給試験に合格できれば給与も上がったりしていたのでやる気があれば続けれる職場だと思います。

 

ただ、鍼治療がメインではないので鍼灸治療を本格的に行いたいのであれば続けていくには厳しいと思います。

将来性は本人次第だと思います。

これからも続けられる職場だと思います。

決して安定している仕事ではありません。

 

患者様は安定してくるときもあればそうでないときもありますが、そのときに、何ができるのか自ら考えて行動することが将来に繋がると思います。

鍼灸マッサージ師が整骨院に就職(転職)するために必要な知識・経験は何ですか?実務経験なしのペーパーでは無理ですか?

解剖学、運動学、テーピング、ストレッチは最低でも必要。
未経験者でもやる気があれば問題ないと思います

人との会話は必須になるので、コミュニケーション力はないよりはある方が良いと思います。
気持ちよく患者様を迎えるための、ホスピタリティや掃除力も重要なことだと思います。
未経験でも、覚える気持ちさえあれば、就職はできます。

20代、30代、40代、50代、60代、それぞれの年代で未経験で就職(転職)できますか?それとも求人に年齢制限はありますか?

30代後半以降は年齢制限があったので若い人が有利です。

年齢制限はありません。

初任給、20代、30代、40代、50代、60代それぞれの年齢別の平均的な給料・年収・ボーナスのイメージ

初任給は15~16万が手取りが基本です。
20代30代の方は月収15~18万ほど年収216万ほど
40代以降院長クラスになれば月収30万年収360万ほどもらえると思います。

初任給  15万円 手取り 10,11万
20代   18万円 手取り 13,14万
30代、  20万円 手取り 14,15万
40代、50代、60代 25万円 手取り 18,19万

ボーナスはなし

接骨院勤務で鍼灸マッサージ師が年収アップする方法は?

役職を副院長や院長になるように努力する。
個人での売り上げを上げる。(保険治療以外の自費治療、商品をお客さんに販売する)

自分で自分を売り込み、営業をして患者様をとってくるという新規開拓をすることによって増えていくと思います。

勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険について教えてください

勤務時間は8時間だが休憩時間や残業なんかがあると10時間以上下手すると15時間くらいになることもしょっちゅうあった。
有給もあるが基本冠婚葬祭以外は休みが取れない。

 

福利厚生はあった。
社宅手当など会社が家賃を半分払うのもあったが結局給料から差し引かれて払っているので自分で払っているのと大して変わらない。

午前と午後1日8時間勤務。
残業は患者様の予約によりある時もあるがほぼなし。
ノルマはなし。

 

週2日休み
有給休暇はとれる

 

福利厚生、鍼灸を受けることができる。
手当、勉強会、本代などには手当あり。
保険は自分で加入する。

鍼灸マッサージ師が整骨院で働きたい場合、履歴書の自己PR・志望動機は何を書けば良いですか?

自己PRはまずやる気があることをもうアピールする履歴書にも過去に頑張ったことのあるエピソードを添えるとなお良い。
また自分の長所の部分を理解してかけると良い。

 

短所は書いてもいいがあんまりネガティブなことは極力避けて書いたほうが良い。
志望動機はまず会社のホームページを見てそこから会社の理念や目標としていることが分かればその理念や目標に合った自分が会社へ貢献できることを書く。

 

後は面接のときの話題作りで得意科目なんか書いておくのも良い。

人とのコミュニケーションをとることが好きなこと、鍼灸マッサージを通じて社会に貢献して、患者様のためになりたいという思いを強く持っているということ、
将来は、技術の向上をして色々な疾患の患者様に対応できるようになりたいということをアピールしていけばよいと思います。

 

又、いつかは、独立をしたいという強い向上心や、自分なりの志を持っていることをアピールしていくとその仕事に対する熱意を感じられて良いと思います。

面接でのよくある質問内容・回答のアドバイスをお願いします

聞かれたことは専門学校のときの思い出などたわいもないことが多かった。
会社に入るにつれてまずどれぐらいの年数働くのか?
県外だったので県外に出ることに対して抵抗はあるか?
と聞かれた。

 

会社で働くにあたって何かしたいことがあるか?と聞かれたのでそれについてはマッサージや鍼灸、テーピングやその他手技の習得し治療家としての技術力を高めたいと答えた。

 

それに付け加えて会社内での礼儀や作法働いていく一人の人間として社会人として尊敬されるような人物になりたいなど内面的なところも言えると良いと思う。

何で鍼灸マッサージ師になったのですか?
鍼灸マッサージを通じて、世の中の人たちを元気にする仕事に就き、社会貢献をしたいと思いました。

何でこの職場を選んだのですか?
自分のしたいことをやらせてもらえる環境だと思ったからです。貴社の求めている人物像があてはまっていたからです。

将来どうしていきたいですか?
将来は、こちらで培った経験を活かして、独立開業をして鍼灸マッサージ師として食べていきたいです。

どういうスタイルで経営したいですか?
それはまだ未定ですが、世の中の人のニーズにこたえていけるような経営をしていきたいです。

面接での逆質問は、どのようなことを聞けばいいと思いますか?

会社で学べることは何ですか?
治療技術はどういったことをされているのか?
まず自分が頑張らないといけないことはなんですか?

どういう人物像を求めていますか?
鍼灸師マッサージ師として求められるスキルは何ですか?
残業は多いですか?
どういうお仕事を任せてもらえますか?

 

タイトルとURLをコピーしました