鍼灸マッサージ師の接骨院の仕事内容・給与・転職就職対策・求人

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回は鍼灸マッサージ師で整骨院(接骨院)への就職・転職を考えている方に、

  • どんな理由で、整骨院で働く鍼灸マッサージ師が多いか
  • 鍼灸マッサージ師の接骨院での仕事内容・やりがい・大変なこと
  • 就職した後に、整骨院でどのように腕を磨いていけばいいか
  • 鍼灸マッサージ師として整骨院で働くことに将来性・安定性はあるか
  • 整骨院で働くにはどんな知識や経験が必要か
  • 未経験で就職するのに年齢制限はあるか
  • 初任給、20代、30代、40代、50代、60代それぞれの年齢別の平均的な給料とボーナスの有無
  • 接骨院に勤めながら、年収をアップする方法
  • 整骨院の勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険
  • 出会いの有無
  • 鍼灸マッサージ師に対する整骨院の求人の多さ
  • 整骨院で働きたい場合、履歴書の自己PRと志望動機は何を書けば良いか
  • 面接では何を聞かれ、どう答えればいいか
  • 面接の逆質問では何を聞けばいいか

についてご紹介します。

 

この記事は現役鍼灸マッサージ師さんのインタビューをもとに作成しているので、ぜひ参考にしてください。

鍼灸マッサージ師が、就職先として整骨院を選ぶ方理由

鍼灸マッサージ師が整骨院で働く理由は様々ですが、よく聞くのは

  • 鍼灸師の資格を活かしたかった
  • 鍼灸院よりは整骨院の方が給与や福利厚生が良いと思った

などです。

他にも「専門学校の求人案内の掲示板に、たまたま張り出されていて」という方もいました。

鍼灸マッサージ師の整骨院での仕事内容

来院される患者様に鍼灸施術を行う仕事です。

それにより、患者様の痛みを和らげたり、痛みを楽にする仕事です。

また患者さんへのマッサージ治療(※条件による)、柔道整復師さんの治療補助や、鍼灸の保険取り扱いにおけるレセプト作業なども行います。

 

鍼灸マッサージ師としてしてはいけない業務はありませんが、柔整師さんのする仕事と鍼灸師のする仕事内容は違うので、鍼灸師にできない業務は柔整師さんにお任せすることになります。

接骨院でのお仕事のやりがいと大変なこと

お仕事のやりがいとしては

  • 鍼やお灸を施すことにより、患者様に喜んでもらえるということ
  • お客様とのコミュニケーションの取り方を学べること
  • たくさんのお客さんに鍼灸治療を行えること
  • 多くのお客さんを治療しないといけないので、短時間で効果を出せる治療技術を学べること

等があります。

何よりも「痛みが楽になった」と言ってもらえることが嬉しい事です。

直接患者様と向き合う仕事なので、ダイレクトに反応がわかるという点で特別な仕事だと思います。

 

一方で痛みが楽になる人もいれば楽にならない場合もあり、そのときに、どのように患者様に施術してあげるのがよいのかを真剣に考えていかなければならないときもあり、その面では時に苦しいときもあります。

また

  • 拘束時間が長い(後で紹介します)
  • 実質週休2日だが休みの日は勉強会、講習会、会議などあって休みはほぼないこと

といったことを大変だという方も多いです。

整骨院に就職した後の、職場での技術や知識の習得方法

先輩のしていることをマネることが一番です。

技術は見て盗む。気になることはメモにとる、文献や本などで調べる。

 

また、わからないことを尋ねることも重要です。

技術の面は実践していかないと上達しないので、色々な人に鍼灸をさせてもらうことも習得のコツです。

 

他にも、定期的に開催している社内のスタッフが講師を務める勉強会や、外部からくる講師を呼んで行う治療技術の勉強会などもあります。

鍼灸マッサージ師としての整骨院勤務の将来性・安定性

鍼灸マッサージ師の就職先としては、お給料は高くはないですが比較的安定している就職先と言えるでしょう。

大手のグループ会社などですと給与も比較的安定している&会社が行う昇給試験に合格できれば給与も上がったりするので、やる気があれば将来的にも続けていけると思います。

鍼灸マッサージ師が接骨院に勤めるのに必要な知識や経験

仮に未経験でも、やる気があれば接骨院への就職は問題なくできます。

ただ解剖学、運動学、テーピング、ストレッチの勉強は予め必要になります。

また人との会話は必須になるので、コミュニケーション力も無いよりはある方が良いとでしょう。

気持ちよく患者様を迎えるための、ホスピタリティや掃除力も重要なことだと思います。

整骨院で働くには年齢制限はある?

基本的に未経験でも年齢制限はありませんが、やはり特に就職しやすいのは20代、30代前半です。

ただし40代や50代であっても、就職できないというわけではありません。

鍼灸マッサージ師の整骨院の月収とボーナス

こちらは整骨院によって全く違いますが、大手でない限りは

  • 初任給:額面15万円(手取り:10~11万円)
  • 20代:額面18万円(手取り:13~14万円)
  • 30代:額面20万円(手取り:14~15万)
  • 40代、50代、60代:額面25万円(手取り:18~19万円)
  • 院長クラス:月収30万円(年収360万円)

が一つの目安になると思います。

ボーナスも小さなところでは基本的には期待できません。

整骨院で鍼灸マッサージ師が年収アップする方法

自分で自分を売り込み、営業をして患者様をとってくるという新規開拓をすることによって増えていきます。

他にも役職を副院長や院長になったり、個人での売り上げを上げる事も年収アップにつながります(保険治療以外の自費治療、商品をお客さんに販売する)。

整骨院の勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険

こちらも各整骨院によって全く違いますが、今回インタビューにご協力いただいた方の就職先は以下の通りでした。

午前と午後1日8時間勤務。
残業は患者様の予約によりある時もあるがほぼなし。
ノルマはなし。
週2日休み
有給休暇はとれる
福利厚生、鍼灸を受けることができる。
手当、勉強会、本代などには手当あり。
保険は自分で加入する。

 

ただ整骨院によっては

  • 勤務時間が残業、準備、退店作業を合わせると12時間以上
  • 有給が取れない

というところもあるので注意してください。

接骨院での出会いはあるか

女性の出会いは多いものの、男性は少ないようです。

男性は外で相手を見つけてきて、30代~40代で結婚される方が多いです。

鍼灸マッサージ師むけの接骨院の求人は多いか

多いです(特に個人治療院よりもグループ院が多い)

鍼灸マッサージ師が整骨院で働きたい場合、履歴書の自己PRと志望動機は何を書く?

人とのコミュニケーションをとることが好きなこと、鍼灸マッサージを通じて社会に貢献して患者様のためになりたいという思いを強く持っているということ、将来は技術の向上をして色々な疾患の患者様に対応できるようになりたいということをアピールしていけば良いです。

また、いつかは独立をしたいという強い向上心や、自分なりの志を持っていることをアピールしていくと、その仕事に対する熱意を感じられて良いですよ。

整骨院の面接ではどのようなことを聞かれ、どう答えると良い?

Q.何で鍼灸マッサージ師になったのですか?
例⇒鍼灸マッサージを通じて、世の中の人たちを元気にする仕事に就き、社会貢献をしたいと思いました。

Q.何でこの職場を選んだのですか?
例⇒自分のしたいことをやらせてもらえる環境だと思ったからです。貴社の求めている人物像があてはまっていたからです。

Q.将来どうしていきたいですか?
例⇒将来は、こちらで培った経験を活かして、独立開業をして鍼灸マッサージ師として食べていきたいです。

Q.どういうスタイルで経営したいですか?
例⇒それはまだ未定ですが、世の中の人のニーズにこたえていけるような経営をしていきたいです。

Q.会社で働くにあたって、何かしたいことはありますか?
例⇒マッサージや鍼灸、テーピングやその他手技の習得し治療家としての技術力を高めたいです。

 

基本的に整骨院の面接で落ちることはないので、安心して面接は受けてください。

そもそも専門学校時代の他愛もない会話で終わる事も多いです。

面接での逆質問は、どのようなことを聞けばいい?

逆質問は面接の最後に、面接官に「最後に何か聞きたいことはありますか?」と聞かれることです。

一般企業の面接ですとひねった回答が必要になりますが、整骨院では特にそういった対策はしなくて構いません。

 

ちなみに実際に合格された方は

  • どういう人物像を求めていますか?
  • 鍼灸師マッサージ師として求められるスキルは何ですか?
  • 残業は多いですか?
  • どういうお仕事を任せてもらえますか?
  • 会社で学べることは何ですか?
  • 治療技術はどういったことをされているのか?
  • まず自分が頑張らないといけないことはなんですか?

など、本当に気になったことを逆質問して面接に合格されています。

基本的には接骨院での逆質問はギャップを埋めるための物なので、本当に気になる事を聞くだけで構いませんよ。

タイトルとURLをコピーしました