鍼灸マッサージ師のリハビリの仕事内容、年収、就職・転職対策、求人

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回は鍼灸マッサージ師の資格をお持ちでリハビリのお仕事をしたい方に、

  • どんな理由でリハビリのお仕事を始める鍼灸マッサージの方が多いか
  • 鍼灸マッサージ師がリハビリを出来る仕事先と、それぞれの違い・おすすめ
  • 鍼灸マッサージとしてのリハビリの仕事内容・やりがい・大変なこと
  • 就職した後の、職場での技術や知識の習得方法
  • 鍼灸マッサージ師にとってのリハビリのお仕事の安定性・将来性
  • 鍼灸マッサージ師がリハビリの仕事をするために必要な知識・経験
  • 鍼灸マッサージ師がリハビリのお仕事をするのに年齢制限はあるか
  • 初任給、20代、30代、40代、50代、60代それぞれの年齢別の平均的な給料、ボーナスの有無
  • 鍼灸マッサージ師がリハビリの仕事で年収アップする方法
  • 勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険
  • リハビリのお仕事に出会いはあるか、結婚できるか
  • 鍼灸マッサージ師のリハビリの求人は多いか
  • 鍼灸マッサージ師がリハビリをしたい場合、履歴書の自己PRと志望動機には何を書けば良いか
  • 面接では何を聞かれ、どう答えればいいか
  • 逆質問は何を聞けばいいか

についてご紹介します。

鍼灸マッサージ師がリハビリのお仕事を始めるきっかけ

鍼灸マッサージ師の資格をお持ちでリハビリのお仕事をされる方は、第一に給料や福利厚生等、待遇重視でお仕事を選ばれた方が多いです(後で詳しくご紹介しますが、鍼灸院よりも待遇は良いです)。

他にも「身内が鍼灸でリハビリ治療を受けて良くなったのを見たから」という方もいます。

鍼灸マッサージ師がリハビリの仕事を出来る就職先

大きくわけてクリニック・整体院・病院・デイサービスやデイケアなどの介護保険下の施設があります。

 

クリニックは、やはり外来があるところが多いです。

またベッドがあるところもあり、入院の方をみることがあります。

ここでは毎日多くの患者様が来られるので流れ作業になってしまうこともありますが、多くの方々と触れ合える経験になります。

また、卒業される方、新規の方も日々たくさんいるので、経験はとても積めると思います。

 

整体院でも外来が中心となりますが、いかんせん回転率が高い職場が多く20分という時間制約がかなり付きまとう印象です。

その他物理療法を行う方もいらっしゃるため、まごまごしていられません。

 

デイサービスやデイケアなどの介護保険下の施設では、ある程度決まったご利用者様が毎日こられるため、長い経過を見ながらマッサージを行うことができます。

ただし、新規の方は少ないスパンなので経験量は病院より少ないです。

 

リハビリができるというところでは、やはり病院がいいと思われます。

病院ではドクターなど他職種もいるため、情報共有がかなり密に行う必要がある現場が多いです。

介助量の多い方も多くいるのでリハビリができる方は非常に多いです。

マッサージを目的とした患者様が多い業界ですが、リハビリ需要が高い方も大勢いるので病院はおすすめです。

鍼灸マッサージ師のリハビリの仕事内容

鍼灸マッサージ師として灸を悪いところに当てて治療したり、マッサージを提供します。

基本的にはドクターの指示に従い、マッサージを20~40分間行います(患者様の希望次第では60分間行う場合も)。

その他、物理療法なども行います。

なお鍼灸マッサージ師として、看護師のみが行える医療行為はしてはいけません。

リハビリのやりがい

リハビリのお仕事のやりがいとしては、やはりリハビリによって体が良くなった時に「楽になった」「気持ちよかった」と素直にお礼されたときに、「この仕事をやってよかった」と感じる事が多いです。

順番を心待ちにされている方もいるので、私のモチベーションにも繋がります。

また患者さんはお年寄りが多いので、リハビリでよくなった時に、食べ物をいただくこともあるのでそれも嬉しいですね。

 

他にもリハビリのお仕事は患者様と直接かかわる仕事のため、たくさん会話をするこ機会があります。

患者様との会話は多岐にわたり色々な仕事のはなし、趣味の話、もちろん治療にかかわる仕事もあります。

毎日の中で勉強にならないことはないと思いますし、この患者様を治療したいと思うやりがいにも繋がります。

リハビリのお仕事の大変な部分

大変なことは、なかなか治らない患者さんに悪態をつかれる事もある事でしょうか。

長い目で見てくださいとは患者さんによく言うのですが、こちらの言うことは素直に聞いてくれないこともあります。

患者さん自身も辛いということはわかりますが、こちらに当たられてもどうしようもないのでそこは大変です。

 

また医療分野は日々進歩します。

患者の治療業務以外にも勉強が必要で、勉強会が日々行われ、医薬品・治療手技・患者様の評価手技なども勉強する必要があり、時間外でやることもしばしばです。

その辺りは日々勉強で、大変でもありやりがいがある事でもあります。

就職した後の、職場でのスキルアップや知識の習得方法

就職した後のスキルアップについては、

  • 職場の先生に直接教えてもらう
  • 施設や外部で開催される勉強会に参加する

といった方法が主になります。

鍼灸マッサージ師にとってリハビリのお仕事は将来性・安定性はあるか

給料も福利厚生も安定しており、本人のやる気次第で、ずっと安定して続けられる働き方だと思います。

ただ求人数は他の就職先と比べて少ない傾向にあるため、求人を見つけるまでが少し苦労すると思います。

鍼灸マッサージ師がリハビリの仕事に就職・転職するために必要な知識・経験

鍼灸マッサージ師の資格さえ持っていれば、特に経験などは無くてもリハビリのお仕事に就くことは出来ます。

経験・技術などは職場の先輩(個人での職場なら別ですが)に聞くなどすれば何も問題はありません。

やる気さえあれば就職・転職できます。

 

ただ特別な経験は必要ない一方で、リハビリのお仕事で最も重要視される「患者様との長期の関わりを持てるようなコミュニケーション能力・接遇能力」「人の顔を覚える能力」「体力」などは必須になります。

また後々楽になるという意味では、中等度での介助量を伴う患者様の介助方は勉強しておいたほうがいいと思われます。

鍼灸マッサージ師がリハビリの仕事に就職・転職するのに年齢制限はある?

特に年齢制限はないので、20代や30代はもちろん40代・50代以降でも就職・転職可能です。

ただリハビリのお仕事は重労働ではあるため、高齢になると現実的に働くのは難しくなってくる可能性も有ると思います。

リハビリの初任給、20代、30代、40代、50代、60代それぞれの年齢別の平均的な給料

デイサービスの場合は年代を問わず月給が月20万前後のところが多いです。

年収にすると250万円前後になります。

 

病院の場合は医院によって差が大きく、小さな診療所の場合は初任給から手取り約15万円くらいをイメージしてください。

そこから年に2000~5000円くらいの昇給のイメージです。

 

大きな病院の場合は給与も高く、

  • 初任給20万円
  • 20代:月収24万円/年収300万円/ボーナス40万円
  • 30代:月収30万円/年収500万円/ボーナス60万円
  • 40代:月収40万円/年収650万円/ボーナス70万円
  • 50代 :月収55万円/年収800万円/ボーナス 80万円
  • 60代 :月収60万円/年収900万円/ボーナス90万円

という感じで推移します。

リハビリのお仕事で年収アップする方法

鍼灸マッサージ師としてリハビリのお仕事で年収を増やす方法としては

  • 自分の技術を磨き、スキルアップを続ける
  • 独立する
  • 講演会などティーチングを行う
  • 教員になる
  • 給与が高い医院に就職する

といった方法があります。

勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険

リハビリの職場は基本的に労働環境や福利厚生面はかなりしっかりしています。

一例として、病院勤務の二人の方にインタビューした結果は以下の通り。

Aさん

うちの医院で言うと、勤務時間は8時間きっちりです。
ノルマは特にありません。

週休二日制で有給休暇もバッチリ取れます。
福利厚生も充実しており健康保険・残業手当・交通費なども満額で出ます。

いわゆるブラックなところは少ない業界だと思います。

Bさん

勤務時間は大体8時間で書類業務はありますが、ほとんど残業はないと思われます。
週2回は病院によりますが休めます(土曜勤務のところもあります)。

有給は人員によりますが、大抵の場合は有給をとることができます。
インフルエンザの注射など無料で行えます。

労災などの保険もあります。
福利厚生はその他整っている印象です。

リハビリの現場に出会いはある?結婚できる?

基本的に出会いは期待できません。

特に小さな地域の小規模な診療所・クリニックや、高齢のスタッフが多いデイサービスの場合は、職場で出会いを見つけるのは難しいです。

みなさん外でお相手を見つけ、30前後で結婚される方が多いです。

鍼灸マッサージ師のリハビリの求人は多い?

他の就職先と比べて少ない傾向にあります。

リハビリへ就職・転職する際の履歴書の自己PR・志望動機の書き方

まず、一にも二にも医療現場はコミュニケーション能力の高さが最も必要とされます。

コミュニケーション能力の高さとは患者様だけではなく医療現場のスタッフ(ドクター・看護師・ケアマネージャーなど)とも会話をしていかなくていけません。

そのためには他職種とも話せるような知識が必要となるため、履歴書には現場全体の中の鍼灸マッサージ師として役割がわかっている旨をアピールすると良いです。

 

また自己PRには、これまでの経歴からご利用者様に何を提供することができるのか、分かりやすく書くことも大切です。

マッサージはもちろんですが、それ以外に趣味でこのようなことを行っているのでレクリエーションで手伝うことができるとか、トイレ介助ができるなどです。

会社としてはより多く質の良いサービスを提供したいと考えているので、それに沿って書くと良いと思います。

 

そして最後に、とにかく自分の熱い気持ちを相手に伝えることが大事です。

私もスキルはもちろんですが、とにかくこの鍼灸業界でなぜ働こうと思ったのかを面接官の前で数十分演説してしまいました。

その時は喋り過ぎで落ちたかと思ったのですが見事に内定が決まりました。

その時の面接官の方に聞いたのですが「やる気が十分に感じられた。この人なら鍼灸業界で十分やっていけるだろう」ということで内定をいただけたようでした。

ですので自己PRも志望動機も熱のこもった事を書いてください。

 

他にも志望動機は、会社の理念に沿って書くと良いです。

オーダーメイドのサービスを提供したい気持ちを書くと良いと思います。

リハビリの面接の質問内容・回答

リハビリ職の求人は少ない一方で、実は面接自体は難しくありません。

鍼灸マッサージ師の資格さえお持ちであればほとんど合格しますので、まずはリラックスしてください。

 

鍼灸マッサージ師のリハビリの面接では、

  • この業界で、あなたは何をしたいですか
  • ご利用者様に、何を提供することができますか
  • 会社(病院)の印象について教えてください
  • なぜこの職場に応募しましたか

といったことが聞かれますが、どの質問に対しても正直に答えて問題ありません。

 

今回インタビューにご協力いただいた方々は、例えば「この業界で自分は何をしたいのか」という質問に対し「私は体の悪いところがあってそれによって困ってる人達を助けたい。そして叶うならば、この鍼灸で日本だけでなく世界を回り回って、地球にいる体の悪いことで困っている人達を助けていきたいのです」と答えられています。

他にも会社の印象を聞かれた際に「この会社はレクリエーションの内容が楽しくないと思います。暗いと思います」と答えた方もいます。

 

どちらの方も無事リハビリのお仕事で採用されていますし、むしろ「よく言ってくれた」と褒められたケースもあるので、思っていることは正直に伝えて問題ないと思います。

一般企業と違い資格が何よりも証明ですし、リハビリの仕事は特別な経験は必要ありませんから、面接はお互いの条件確認程度だと思って構いません。

 面接での逆質問は、どのようなことを聞けばいい?

逆質問とは、面接の最後に面接管に「何か質問はありますか」と聞かれることです。

一般企業ですと質問内容で優劣がつきますが、鍼灸マッサージ師のリハビリの面接は単純に聞き漏らしたことがないか確認したいだけなので、気になったことを素直に聞いて構いません。

給与や待遇面やキャリアアップできるか等、気になったことを聞いてください(特にありません、と答えても問題ありません)

タイトルとURLをコピーしました