マッサージ師の指や手首の痛み、肌荒れのケア【仕事を続けながら】

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回はあん摩マッサージ指圧師の方で、指・手・手首の痛みやトラブルで悩んでいる方に向けて、

  • あん摩マッサージ指圧師の仕事を続けながらでもできるケア方法
  • 再発防止のため、できるだけ負担をかけずにマッサージの仕事をするコツ
  • あん摩マッサージ指圧師の資格を使う、指・手・手首に負担の少ない就職先

についてご紹介します。

 

あん摩マッサージ指圧師のお仕事をする以上どうしても体に負担はかかってきますが…かといって指を休めて安静にするわけにもいかないと思います。

この記事を読んで、少しでも痛みを抑えながら施術できれば幸いです。

スポンサードリンク

あん摩マッサージ指圧師の親指が痛い時、 マッサージを続けながら出来るケア方法

あん摩マッサージ指圧師のお仕事をしていて一番痛くなりがちなのが、親指の痛みです。

ケースは様々ですが、

  • 指が反りすぎて内出血ぽく親指が黒くなってしまったり
  • 親指の関節の骨がズキズキと痛くなったり
  • 親指の付け根の下が痛くなったり
  • 拇指が変形し腫れてしまい、日常生活にも影響が出てしまったり

する方が多いです。

あん摩マッサージ指圧師の仕事をしながらでもできる、痛みの改善方法

親指を痛めてしまった場合は超音波治療なども有効ですが、まず冷やして炎症を落ち着かせます(アイシング)。

それから親指のサポーターの役割として、ホワイトテープとキネシオテープによる固定がお勧めです。

塗り薬や湿布などは、それぞれの効果というより個人差の方が大きいので、市販のサロンパスなどで構いません。

 

ちなみに痛みがあるのにマッサージをしないといけないときは、揉捏などの揉む作業の時は手首や腕のスナップをきかせることで、親指の負担を軽く出来ますよ。

それでも痛い場合は、ひじを入れる手技を習得すると自分のスキルも高めることができ良いと思います。

親指の痛みが再度、起こりにくくする方法

まず一番大事なのは、最初から全体重を乗せようとしないことです。

初心者の場合は少しずつ加重していって、親指が重みに耐えられるようになってから、体重を乗せるようにすることを心がけてください。

そして関節や筋肉を使わない事、骨で押さえる親指のMP関節・手関節・肘関節を直線にして体重で押すのが親指を傷めないコツです。

 

また常に身体や肩に力を入れないよう施術中は意識したり、自分が指圧を入れやすい・施術しやすい体勢を探すと、お客様も自分も疲れにくい身体を作りやすいです。

強もみのお客様の場合は、ストレッチを入れながら指圧を入れたりするのも良いですよ。

あん摩マッサージ指圧師が、手首の痛みを抑えながら仕事を続ける方法

手首だけでなく肩や腕からしっかり大きく動かすことで、手首の負担も少なくできますし、ダイナミックな動きで少しの力で受け手も満足感も得られやすいです。

 

また、しっかりと体重を乗せることも大切です。

肩から親指まで真っ直ぐにして体重をかければ、手首は曲がることはありませんし、力が逃げません。

無理やり親指だけで押そうとすると曲がって痛いのかもしれませんが、最初に基本の姿勢をつくられたほうが怪我も少ないと思います。

 

手掌での圧迫などは、なるべく逆手にならないようにすることで大幅な軽減になります。

手技に腕のローリングを入れたりするのも、自分の腕の筋肉が捻られてケアが出来るのでお勧めです。

 

あとは前腕の屈筋群のストレッチを毎日しっかり行ってください。

これだけでもずいぶんと痛みが違ってきます。

 

※あん摩マッサージ指圧師の手首の痛みのケア方法は、親指のケア方法と同じです。

あん摩マッサージ指圧師の手荒れのケア方法

患者さんが終わるたびに手を洗いますので、確かにマッサージ師は手荒れがひどいですよね。

特にこの記事を書いている時期はコロナウイルスが流行していいて、消毒をする回数も増えるため特に肌がカサカサになったり、さかむけ等にもなりやすいです。

 

ただ、やっぱりマッサージ師の手のケア・指のケアは、こまめにハンドクリームを塗ることが一番の改善方法です。

手背の乾燥は、普通の市販のハンドクリームで問題ないでしょう。

ただし、タオルや手ぬぐいなどの摩擦で指先の乾燥しやすくなるので、指先にはできるだけ油分が多いハンドクリームやワセリンなどで、しっかりと保湿と保護をしてください。

ちなみに消毒ジェルも保湿成分入っている物もありますが、仮に25mプールの水にたった一滴保湿成分が入っただけでも「保湿成分配合」と表示されますので、最低限の保湿力はクリアしているクリームタイプは上備しておきましょう。

 

なおハンドクリームの香りですが、手先は患者さんに近づくことが多いため、不快感を与えないよう無香料を使うのがベストです。

最後に、就寝時には保湿力の高いハンドクリームを塗り、指先には念入りに塗り込んだ後で、シルクの手袋を着用するとかなり改善します。

タオルを施術個所に充てるのも、手のケア方法として効果あり

衣類で摩耗するのもありますので、ガーゼ状のタオルを施術する箇所に当てるのもマッサージ師の手のケアとして効果があります。

直接首や腕の皮膚を触るのを控える目的もありますが、使用してるのとしていないのとでは違います。

薄手の綿の手拭いでもいいのですが、やはりガーゼが柔らかくて使い勝手も良いですよ。

あん摩マッサージ指圧師の資格を使う、親指・手・手首に負担のかかりにくい就職先

この記事ではいくつかの指や手首の痛み、手荒れのケア方法をご紹介しました。

ただし、あん摩マッサージ指圧師をしている以上ある程度は痛みと付き合っていかないといけない部分もありますし、そもそもあん摩マッサージ指圧師が向いている体の方と向いていない体の方もいます。

 

そんなあん摩マッサージ指圧師の資格を使うお仕事の中でも、なるべく体に負担のない働き方についてご紹介しますね。

「このまま痛みが長引く前に転職してしまいたい!」という方は、ぜひ検討してみてください。

1.オイルを使う仕事

リンパドレナージュ、オイルマッサージ、ロミロミなどのオイルを使うお仕事は比較的に負担は少ないです。

最近ヘッドスパ専門店のお仕事も増えてきて、自分の体の負担を軽減できる手技も増えてきています。

 

タイ古式マッサージやストレッチ専門店なども体を伸ばすことが主なので、指圧も少なく親指や手首も痛めなくてすみます。

按摩マッサージ指圧師さんたちも医療資格がない施術も1~2日の講習もあるので、そういうのもあるので覚えておくと自分のスキルになるのでお勧めと思います。

2.施設や在宅での機能訓練

整骨院、在宅マッサージ、機能訓練など色んな職場を経験しましたが、一番負担が少なかったのは施設や在宅での機能訓練でした。

ご自宅や施設に訪問したり常駐する場合では、マッサージももちろん行いますが機能訓練では運動を行うことがメインです。

 

機能訓練で拘縮予防や改善のために関節可動域訓練や歩行訓練を行う際は、揉む行為がないため親指や手首には痛みが出づらいです。

腰痛などは起こりやすくなりますが、経験を積むことで軽減されますよ。

3.在宅マッサージ

個人的には、在宅マッサージが体の負担や精神的に余裕がありました。

私は治療院とデイサービスと老人ホームを回っていましたので、それぞれの異なる特徴を体験することができました。

 

治療院では基本元気な人の腰痛、肩こりなので力が入りました。

特にガテン系の男性の一時間コースは大変でした。

 

デイサービスは時間内に来ている人達が対象なので、とにかく思うようにできないうちにタイムアップで精神的につかれました。

在宅マッサージは疾患のある患者さんなので強くは押せませんので、体の負担がありませんし、次は移動する時に気分転換ができます。

タイトルとURLをコピーしました