柔整師の整骨院での仕事内容、年収、就職・転職対策、求人の待遇の紹介

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回は柔道整復師で整骨院(接骨院)に就職・転職したい方に向けて

  • どんな理由で整骨院に就職・転職する柔道整復師の方が多いか
  • 整骨院での仕事内容・やりがい・大変なこと
  • 接骨院に就職した後の、職場での技術や知識の習得方法
  • 柔道整復師の整骨院勤務は将来性・安定性があるか
  • 柔整師が整骨院に勤めるために必要な知識・経験
  • 20代、30代、40代、50代、60代の未経験で整骨院に就職できるか
  • 整骨院勤務の初任給、20代、30代、40代、50代、60代それぞれの年齢別の平均的な給料
  • 整骨院によって給与が大きく違う理由
  • 柔整師が整骨院で年収アップする方法
  • 接骨院の勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険
  • 整骨院に出会いはあるか、結婚できるか
  • 柔道整復師向けの整骨院の求人は多いか
  • 整骨院へ就職・転職する際の履歴書の自己PR・志望動機の書き方
  • 面接での質問と回答内容
  • 面接での逆質問は何を聞けばいいか

についてご紹介します。

スポンサードリンク

どんな柔道整復師が整骨院に就職・転職しているか

柔道整復師=整骨院勤務というところもあるので、整骨院勤務自体は自然な流れで決める方が多いです。

その上で

  • 小学生の時に野球をしていて肩を痛め、その時に通った接骨院の先生がとてもカッコよく見えて憧れを持った
  • 自分の母がスポーツの怪我で体を痛めて通院していたので、憧れた先生の技術で痛みを治せるようになりたいなと思った

といったエピソードから、整骨院に勤める柔道整復師を目指された方は多いです。

柔道整復師の整骨院での仕事内容

柔道整復師の整骨院での仕事内容についてはほとんどの方がご存じだとは思いますが、例を挙げると

  • 捻挫や打撲、ギックリ腰や寝違い、肉離れなどの急性の外傷に対して手技療法
  • 患部に微弱電流を通電して痛みを改善
  • 必要に応じて患部にテーピング
  • 時間単位での体のほぐしや産後のお母さんの骨盤矯正、また猫背矯正

等がお仕事になります。

また受付業務やHPの制作管理、患者さんの集客のためのビラ作成などをすることもあります。

 

柔道整復師として整骨院でしてはいけない仕事は、慢性症状に対して健康保険を適応して施術を行うことです。

ただ経営難の整骨院は慢性疾患も保険でまかなえる範囲は、保険診療の中で施術をしている現状があります。

整骨院での仕事のやりがい・大変なこと

整骨院に勤めるやりがいとしては、

  • 患者さんのためにどういう治療をしていくのか考え、結果的にしっかりと患者さんが治った時
  • 痛みで悩まれている方やケガで試合に出れなかった方を治療して痛みが取れ、試合にも出られるようになって、患者さまから「先生のおかげで楽になったよ、試合に出て活躍出来たよ」という声がけをされるとき

等、やはり患者さんがよくなって感謝されるときと答える方が多いです。

 

一方で整骨院の大変なこととしては、

  • 決まった答えがあるわけでもないので、思うようなけ結果をだせるようになるまでの反復練習が大変
  • 拘束時間が長く、患者さんが来なければ仕事がない

と答える方が多いです。

接骨院に就職・転職した後の、スキルアップや知識の習得方法

就職後のスキルアップとしては、基本的には院長からマンツーマンで手技を教えられて、それを現場で実践していき、都度休み時間や終業時間に技術レベル確認をしていきます。

また外部のセミナーなどに参加して自己研鑽をしていく、外部の先生を招いて勉強会を行う、もしくは様々な本を読み知識を高める事で知識を深めていきます。

柔道整復師にとって整骨院勤務は将来性・安定性はある?

以前に比べて接骨院の数が増えてきていることとは逆に、少子化などの影響で子どもの怪我による受診率は減少傾向にある事を考えると、この先10年はまだ大丈夫ですが、その先も安定しているかはやや不透明でしょう。

また骨折、打撲、捻挫など、接骨院でも対応できる症例が皆、真っ先に整形外科に行ってしまうため、外傷を対象としているだけの接骨院では、先行きが成り立たないと思われます。

 

今後10年先も柔道整復師として安定して整骨院に勤めたい場合は、

  • 余裕のある大手グループ院か
  • EMSや骨盤矯正など実費メニューの豊富な接骨院

へ勤めることをお勧めします。

柔道整復師が整骨院に就職・転職するために必要な知識や経験

柔整師の資格さえ持っていれば、他に特別に必須な経験や資格がなく、また未経験でも問題なく就職できます。

ただしスポーツをしている患者さんが多いので、スポーツ経験があると患者さんとコミュニケーションが取りやすいです。

整骨院への就職・転職に年齢制限はあるか

この業界は一度社会人を経てから始める方も多いですし、40代でも50代でも未経験で整骨院へ就職される方はいます。

ただ体力的な問題もありますので、20代や30代が有利なことには変わりありません。

また整骨院によってはスタッフも患者さんも若い人しかいないところもあり、そういった場所では40代以降の方は働きにくいと思います。

柔道整復師の整骨院勤務の給料・年収の目安

整骨院勤務の月収と年収の目安としては、

  • 20から40代:月収24万円/額面年収320万円/手取り285万円程度(住民税別)
  • 50から60代:月収33万円/額面月収400万円/手取り350万円程度(住民税別)

が一つの目安になります。

こちらにプラス、年2回の寸志があります(ボーナスはグループ院以外ではほぼ出ません)

求人によって整骨院の給与の差が全く違う理由

実際に柔道整復師の整骨院勤務の求人を探したことがある場合は既にご存じだと思いますが、求人によって給料は全く違いますよね。

給与がやたら高いところは怪しいと思うし、かといって低いところでも働きたくない…そう思われているのではないでしょうか。

 

実は整骨院の場合は給与が高い=ブラック企業とかノルマに厳しいという事は全くなく、単純に

  • お客さんの数が多いかどうか
  • 自費メニューを展開しているかどうか(基本給に歩合が加算されます)
  • 昇給制度があるかどうか
  • 個人院なのか大きな会社でチェーン展開をしているか

これらの違いだけです。

 

要は早い話、儲かっている整骨院は柔道整復師の求人の待遇もよく、儲かっていない整骨院は柔整師に高い報酬を支払えないだけですね。

むしろ給与の低い個人院などは「飯のタネを教えてやるんだから、むしろこちらが授業料を払って貰いたいくらいだ」といった古い考えの院長も多いですし、そもそも儲かっていない整骨院は人を雇う余裕もないため求人も出せません。

 

なので良い条件で求人が出ているのであれば、とりあえず職場見学をしてみてください。

多くの場合は特に問題もなく、普通に高い月給を貰えます。

柔道整復師が整骨院で年収アップする方法

整骨院では、単純に患者さんを沢山こなすようになることが年収アップにつながります。

もしくはグループ院の場合、店長やマネージャーなどの役職につくと、手当が貰えるようになります。

他にも整体など自費を取れる技術を身につけると、収入だけでなく今後の安定性も上がりますよ。

整骨院の勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険

こちらは整骨院によって全く違いますが、特にグループ院と個人院では全く待遇が違う傾向にあります。

例えば以下の待遇は上がグループ院勤務、下が個人院勤務となっています(当メディアで取材したものです)。

  • 8時30分から20時00分残業ほぼなし(院によっての変動有り)
  • 固定残業代36時間以上で別途支給
  • ノルマがなし(売り上げに応じて院長の給与変動)
  • 有給休暇法定通り
  • 週休2日固定の休診日と別日1日
  • 社会保険完備
  • 勤務時間:午前7時過ぎに出勤して12時30分に休憩に入り、15時過ぎに出勤して20時30分に仕事終了
  • ノルマなし
  • 週休1日
  • 有給休暇なし
  • 福利厚生や手当てなし
  • 個人経営の院なので国民健康保険

このように、プライベートを充実させたいのであれば圧倒的にグループ院の方が待遇や条件は良いです。

なお自費メニューで展開していく院や、リラクゼーションなどに力を入れている院であれば、給与形態そのものが歩合制の事もあります。

整骨院に出会いはあるか、結婚できるか

出会いに関しては基本的に期待は出来ず、皆さん整骨院の外でお相手を見つけ、30代で結婚される方が多いです。

ただグループ院ですと同業種内の交流の場が設けられていたり人の入れ替わりもあるため、多少の出会いはあります。

柔道整復師の整骨院の求人は多いか

多いです。

特に新規店舗開拓などを進めているグループ院の求人が多い傾向にあり、就職には困らないでしょう。

柔整師が整骨院に応募する際の、履歴書の志望動機の書き方

柔道整復師という国家資格を生かして、自分がどういうことをしたいのか、どういう治療家になりたいのかというビジョンが明確であればあるほど良いです。

院のHPなどを見て、院長の好みや考えなどをリサーチして、同じ理念を持てるのであればそちらを志望動機としてアピールしても良いでしょう(ただし嘘は簡単にバレるので注意)。

例えば「ここはスポーツで怪我をした患者さんが多く通院しているので、そういった患者さんを治すための施術方法やアフターケア、トレーニング方法を学びたい」などです。

 

まだ自分の将来を具体的にイメージできていない方は、自分が接骨院などでスポーツ外傷などで困った時に助けられたエピソードを元に、自分もまた過去の経験と照らし合わせて、とにかく「自分のように困っている人がいたら助けてあげたい」といった自己PRでも良いでしょう。

何れにしても柔道整復師は怪我や障害のある方に対して何が出来る職業なのかを理解した上で、自分の将来のビジョンを打ち出すことが大切です。

柔整師の自己PRの書き方は、新卒と転職で少し違う

自己PRについてですが、新卒などで整骨院に入る場合、院長は新人に技術的には何の期待もしていません。

どちらかというとコミュニケーション能力を重視していますので、接客業の経験等、コミュニケーション能力が伝わる自己PRが効果的です。

 

一方で別の柔整師の資格を使う働き方から整骨院に転職される方の場合、院長はその方の「クセ」や「頑固(がんこ)さ」を見ています。

整骨院によって手法などは違うため、前のクセが抜けなかったり、自己流で言う事を聞かないんじゃないかという事が危惧されています。

ですので自己PRでは、整骨院によって手法が違う事は理解している事、素直に職場のやり方に従う意識がある事を自己PRにすると良いです。

もちろんこれまでの柔整師としての経歴でアピールできる部分があれば、そちらも申し分なくアピールしてください。

 

ちなみに整骨院では、意外とITスキルなども受けます。

POP制作やチラシ作成なども出来そうであれば、書いておくと良いですよ。

「仕事を簡単に辞めない」という自己PRも大切

整骨院は人の入れ替わりが激しく、せっかく教育した人に簡単に辞めてもらうのを恐れています。

そのため、この手技を絶対に学びたいと思ったということを伝えること、数年間は簡単に他の職場に転職をしないという事も文章で伝えると良いです。

また仮に将来的に開業したい場合は、この職場の商圏外(地域外)で開業することも書いておくと良いですよ。

柔道整復師の整骨院の面接で聞かれる事・答え方

柔整師の面接でよくある質問と、その回答方法を以下にご紹介します。

 

Q.「複数ある院の中で、なぜここの院を選んだのか。」

⇒治療法や考え、福利厚生や院の雰囲気など院長や社長がこだわっているところをチェックして答えられるといいでしょう。

「ここがスポーツ外傷の治療に特に力を入れていて、地域の患者さんからも評判が良く、口コミでたくさんの患者さんが来院しているので、そんな院の技術を学びたいと思ったからです」等。

 

Q.「将来はどうしていきたいか。」

⇒開業を志望するのか、できるだけ長く働きたいのかによって雇用側も使い方を変えていくと思います。

「ゆくゆくは開業して自分の接骨院を持ち、地域の患者さんから信頼されるような柔整師や接骨院でありたいです」等。

開業すると伝えたからと言って落ちたりすることはなく、基本的にはやる気があると思われやすいので、もし開業を目指している場合はそのまま伝えてください。

 

Q.「何故、柔道整復師という仕事を選んだか」

⇒志望動機をそのまま伝えればよいですが、あんま・マッサージ師や鍼灸師でなく「何故、柔道整復師なのか?」という点を相手も納得できる形でこたえられるようにしておきましょう。

 

これまでご紹介したように、整骨院での面接では答え方や雰囲気等を主に面接で見られています。

ですので自己分析さえしっかりして、あとは自分の思った通りの回答をすれば基本的には面接に合格できます。

整骨院の面接の逆質問は何を聞けばいい?

逆質問とは、面接の最後に面接担当者から「最後に何か質問はありますか」と逆に質問されることです。

一般企業ですと、この質問内容も審査に入っていますが、整骨院の場合は単純に聞き漏らしたことがないか聞いているだけですので、素直に気になっている事を聞いてください。

 

例えば

  • 相手企業がどのようなタイプの施術家を求めているのか
  • 給料体系や福利厚生について
  • 自主学習として外部で開かれるセミナーなどに積極的に参加しても大丈夫か
  • 院長の1日の治療件数
  • 交通費の有無
  • 希望休暇の有無
  • 社員旅行や飲み会など回数
  • 昼食の有無
  • 院の今後の展望など

を聞かれる方が多いです。

タイトルとURLをコピーしました