鍼灸師の給料が高い儲かる働き方4つ【年収500~1000万円】

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回は鍼灸師をしていてお金を稼ぎたい方に、鍼灸師で給料の高い、儲かる働き方についてご紹介します。

スポンサードリンク

鍼灸師の年収が低いと言われる理由

鍼灸師の年収はよく「低い」「儲からない」と言われていますが、その理由の多くが鍼灸院や鍼灸接骨院に勤務しているからでしょう。

鍼灸院や整骨院の給与は院によって違いますが、給料は多くもらえている方でも月収25万円(年収300万円)程度。

月給20万円(年収250万円)程度の所や、”基本給が最低保証で一律10-13万円+歩合制”という所も多いのが現状です。

給料が高い鍼灸師の働き方4つ

それでは本題に移り、鍼灸師でも給料が良い働き方をいくつかご紹介します。

大手のグループ院で働く:目安年収400~450万円程度

大手は鍼灸院だけでなく整骨院等の保険で荒稼ぎしているところが多いので、年収も高くなる傾向にあります(最高で月給40万円くらいまで届くところもあります)。

またそういったところは在宅医療にも力を入れていますので、保険で在宅マッサージ等をさせてもらえます(マッサージ師免許がなくてもやっているところが多く、医者と結託して限りなくブラックに近いグレーゾーン)。

原付や自転車で介護保険を使ったマッサージをして、お年寄りに偏った施術にはなりますが、一日中回り続けることができれば結構な収入にはなります。

病院に勤務する:目安年収500万円程度

病院によりけりですが、主にリハビリスタッフして勤務することが多いでしょう。

なので、鍼は打てないと思ったほうがいいです。

 

ですが何より安定性があります。

正直、病院に関しては廃業というのはほぼ100%ありません。

ですので自分でやめない限りは、残業もほぼなし、週休2日など抜群の安定感で仕事ができます。

 

しかし先ほども申し上げましたが、鍼灸の仕事はほぼできません。

ただ、医療に関しての知識はかなりつきます。

レントゲンや薬などですね。

 

あと拘束時間も短いので、わりと自分の時間を持ってると思います。

年収は勤続年数にもよりますが、リハビリのリーダーともなれば420万ほどですかね。

ボーナスを入れると500万は超える人も多いです。

介護施設で機能訓練指導として働く:目安年収500万円程度

療術業ではなく、介護施設で働く鍼灸師も増えてきました。

機能訓練指導員に該当する国家資格は(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・看護師)の6つのみでしたが、平成30年からは一部要件を満たすことで鍼灸師も認められるようになりました。

これにより就職先の選択肢が増えたことになります。

 

ちなみに筆者は介護施設で機能訓練指導員兼管理者として働いていました。

肩書きはそうですが、併設していた治療院での収入もあったので、多い時で月の収入は35万を超えていました。

また併設治療院勤めのときは、訪問業務メインで年収500万程稼いでいました。

歩合給であったことと、顧客をうまくとれていたことが要因だったと思われ、鍼灸師としては高収入であったと思います。

朝から晩まで休む暇なく仕事をこなして休む暇はありませんでしたが。

 

現在介護施設では人手不足により人材確保が困難で、指定配置基準をクリアするのも危うい施設もあります。

そうした背景も考慮すると、介護職で責任者の肩書がつく立場になると、一般治療院勤めよりは高い収入が期待できるのではないかと思います。

美容鍼灸メインの女性専用のエステサロンで働く:目安年収500~1000万円程度

実費での美容鍼灸をメインでしている女性専用のエステサロンで働くとお給料がよいです。

お客様のニーズにあわせて、カウンセリングをして、お顔に鍼をうつことがメインの仕事になります。

それに加えて、サプリメントや、化粧品などの物品販売を行う店舗もあります。

 

こういった店舗の場合は一等地に店を構えていることも多く、お客様の単価も高くなるためスタッフの収入も良い場合が多いです。

また基本給+歩合制のサロンだと頑張り次第でお給料が上がるので、年収だと500万円から1000万円くらいまでは十分に狙える年収のラインになります。

タイトルとURLをコピーしました