柔整師のエステサロンへの就職方法、給料、求人の待遇、志望動機など

いつも当メディアをご覧いただきありがとうございます。

今回は柔道整復師の資格を持ちながら、エステ系のお仕事をされたことがある方にインタビューにご協力いただけましたので、この記事で掲載します。

 

昨今は保険の締め付け等の問題があり、柔整師の資格を取得した後に整骨院などではなく、エステサロンに就職(転職)される方が非常に多いです。

実は中途半端な整骨院に勤めるよりよっぽど給料も将来性もあったりするので、柔整師の資格を持ちながらエステティシャンの仕事をしたい方はぜひ参考にしてください。

 

※以下、インタビュー内容をそのまま掲載します。

スポンサードリンク

なぜ柔道整復師の資格を持ちながら、エステ系の職場を選びましたか?

柔道整復師の専門学校を卒業してから、マッサージの技術を修得する為に、民間のオイルマッサージの講習を受講しました。その後、オイルマッサージを使う仕事をすることはなかったので、一度はオイルマッサージも行えるエステのお仕事をやってみたくて、始めました。。

柔道整復師としてエステサロンにて就職しました。もともと、柔道整復師の職場はリハビリテーション施設などが多く、お年寄りのリハビリを手伝うことが多いのですが、エステサロンであれば、若い女性などの利用者が多いのではないかと思いました。私自身が女性であることもあり、華やかな職場に憧れていたのもサロンで働き始めた理由です。

柔整師としてのエステサロンでの仕事内容を教えてください

エステの職場では、正直、柔道整復師としての免許は必要がありません。その為、柔道整復師としてするお仕事ではありませんでした。エステなので治療ではないということは常に言われていました。接骨院などで行う指圧などは禁止されていました。

エステサロンに毎日通い、医療的知識に基づいたマッサージなどを患者に施術するのがメインの業務です。私のサロンには専属の医師がいて、医師の同意のもとにリハビリを目的としたマッサージを行いますが、その際には各種医療保険が適用となります。

お仕事のやりがい・大変なことは?

やりがいとしては、たくさんの女性に喜んで頂けることが嬉しかったです。また、体の変化だったり、肌の変化だったりと目に見える変化が見れることも楽しいです。大変なのは、やはり女性が多いので人間関係などはちょっとストレスを感じます。

この仕事をしていて感じられるやりがいは、スタッフや患者から、国家試験合格者であることで、一目置いてもらえることです。特にスタッフからは、特別扱いをしてもらうことができて、頼られるとやりがいを感じます。また、資格保有者であるため、資格手当がもらえることもやりがいにつながります。なんといっても一番のやりがいは、利用者から感謝の言葉がもらえることです。サロンに来る患者さんは、いろいろな体のトラブルを抱えていますが、そんな悩みを自分の技術で解決させてあげられた時には大きな喜びを感じます。

就職した後の、職場での技術や知識の習得方法を教えてください。

とにかくたくさんの人を触ることだと思います。手を使うことも、機械を使うこともあるので。たくさん使うことで、体で覚えられるので、私はそうして修得しました。

プライベートタイムに、インターネットで調べることで、利用者がサロンに求めていることなどについて勉強しました。また、サロンでも各種キャリアアップ研修を実施してくれています。

柔整師にとってのエステサロンの将来性・安定性をどう思いますか?

柔道整復師としての職場ではないと思います。美容に詳しくなるので、その知識を友達に話すような豆知識にはなると思います。自分自身で、接骨院を開業する時に、女性をターゲットにする為の知識としては将来使えると思います。

現在、リラクゼーション施設の伸びは激しいので、施設も着実に増えていて、新規求人もたくさんあります。今後もその状態は続くことが見込まれるため、エステサロンからの柔道整復師の求人は増加するのではないでしょうか。

柔道整復師がエステ系の職場に就職(転職)するにはどんな知識や経験が必要ですか?

資格は働く場所によっては、エステの学校をもっているところもあります。なので、エステ知識があった方が慣れるのも早いと思います。ペーパー柔整師でも、就職は出来ると思います。

当然のことですが、柔道整復師の国家資格が必要です。理学療法士の資格も持っていると役立ちます。研修制度が充実しているので、ペーパー柔整師も就職しやすいです。

柔道整復師がエステサロンに未経験で就職するのに年齢制限はあると思いますか?

体力的に問題がなければ、年齢は関係ないと思います。
個人的には、体力があまりないので、40代になってから続けるのは大変だと思います。

比較的若い人が求められる職場です。年齢制限については60歳以下であることが条件であることが多いですが、実際は40歳代以下の人の採用が多いようです。

エステの柔整師の初任給、20代、30代、40代、50代、60代それぞれの平均的な給料、年収、ボーナスのイメージを教えてください。

ボーナスはなかったです。初任給は月給20万円ぐらい。年収240万円。20代で月給24万円前後。年収290万円ぐらい。30代で月給28万円前後。年収330万円ぐらい。40代、50代、60代はスタッフではなく、役職があったり、店長だったので、わかりません。

エステで働く柔道整復師の収入については以下の通りです。
20歳代:平均年収:200万円:平均月収:13万円:ボーナス:51万円
30歳代:平均年収:277万円:平均月収:17万円:ボーナス:70万円
40歳代:平均年収:355万円:平均月収:22万円:ボーナス:89万円
50歳代:平均年収:426万円:平均月収:27万円:ボーナス:107万円
60歳代:平均年収:288万円:平均月収:18万円:ボーナス:72万円

エステに勤めて年収アップをする方法を教えてください

たくさん自分の指名をしてくれるお客様を獲得することです。仕事をたくさん覚えることでスキルアップするとお給料がアップします。

この仕事をする上で、年収をアップするために必要なことは、スキルアップをすることです。毎日たくさんの人の施術を体験すると良いでしょう。資格を取得するのも一つの手段です。

エステの勤務時間、残業の有無、ノルマの有無、週何日休めるか、有給休暇は取れるか、福利厚生・手当て・保険はどうですか?

勤務時間は8時間。残業はあります。ノルマは特になかったです。有給休暇はありますが、他のスタッフとかぶらなければ、とれました。社会保険がありました。

この仕事では、勤務時間は1日8時間程度です。残業は比較的少なめで月に10時間程度です。ノルマは特にありません。有給休暇については、事前に申告しておけば取りやすいです。福利厚生については、各種社会保険が完備されています。手当は資格手当や交通費手当などがあります。

エステに出会いはありますか?結婚できますか?

出会いはありません。30歳を過ぎて結婚される方が多かったです。

女性が多い職場なので、特に男性にとっては出会いが多いです。

柔道整復師がエステ業界で採用されるには履歴書の自己PRと志望動機は何を書けば良いですか?

 

自分自身がエステに興味があったり、オイルマッサージをやってみたいなどがいいと思います。たくさんの女性に綺麗になってもらうお手伝いがしたいなどがいいと思います。あとは、自分が思っていることを素直にお話するのが良いと思います。自分自身でエステに通って、自分でも働いてみたくなったなどもいいかもしれないです。フェイシャルからボディ、全ての仕事が出来るようになりたいなど、意欲的なことを話すこともいいと思います。

履歴書やエントリーシートに記載すべき項目は、なぜ、エステ業界を志望したのかというこのです。特に、自分が持っている柔道整復師の技術が、エステでどのように役立つのかを説明すると良いでしょう。また、自分の性格の長所もアピールしましょう。そのためには、自己分析が必要です。なお、エステへの志望動機を考える際には、エステのコンセプトを理解しておくことが大切です。事前に、サロンのコンセプトをホームページなどで確認しておきましょう。

面接で聞かれることと、答え方を教えてください。

なぜエステの仕事をしようと思ったのか?どうゆうきっかけだったのか?他のエステで働いたことがあるか?住んでいる場所や家族構成も聞かれました。
オイルマッサージの講習を受けたことがきっかけで、実際にその技術を行ってみたかったこと。女性に綺麗になってもらうお手伝いがしたいということを伝えました。経験については正直に、エステは未経験で、それまでは接骨院で働いたことを伝えました。通勤的にも遠すぎず、気になっていたので興味があったことを伝えました。

面接で最初に求められることは「自己紹介」です。自己紹介はこれまでの経歴などを織り交ぜながら、1分〜2分程度で話せるようにトレーニングしておきましょう。他には、どうしてそのサロンを選んだのかというのもよく質問されます。この質問の場合は、なぜエステで働きたいのかではなく、なぜ、そのサロンで働きたいのかという質問なので、サロンの経営方針などをあらかじめ調べて、そこで、自分自身がどう活躍できるのかを回答しましょう。

面接の逆質問では何を聞きましたか?

※逆質問とは、面接の最後に担当者側から「何か聞きたいことはありますか」と聞かれることです。

お給料のことはとても気になっていたのでハッキリ聞きました。お店の美容商品が自分でも購入できるか?など、気になることは全てききました。

逆質問をする際には、入社までに準備することや、その職場のキャリアアップ体制などについて質問すると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました